【ビットコイン・仮想通貨】指値注文・成行注文とは?メリット・デメリットを初心者にも分かりやすく解説 !

今回はビットコイン・仮想通貨取引でよく使われる、指値注文・成行注文という単語に関して詳しく説明していきます。
特にビットフライヤー(bitFlyer)、ザイフ(Zaif)などの取引所で注文をおこなう際に、よく聞かれる単語ですよね。取引を開始する前にしっかりと覚えておきたい指値注文・成行注文のメリット・デメリットをしっかりと説明していきます。

取引所と販売所の違い

まずはじめに取引所と販売所の違いを説明します。
ビットフライヤー(bitFlyer)やザイフ(Zaif)では二種類の取引が可能です。

・販売所取引
・取引所取引

販売所と取引所には以下の違いがあります。

販売所:ビットフライヤー(bitFlyer)などの取引所から購入する。(ブックオフ方式)
取引所:ユーザー同士で売買する。(メルカリ方式)

ブックオフで例えると、中古本は一度ブックオフが買い取って、値段をつけて、ユーザーに販売します。
ブックオフの販売価格と買取価格には差があり、その差額がブックオフの利益となります。販売所も同じで、ビットフライヤー(bitFlyer)やザイフ(Zaif)が設定した価格で売買をおこないます。
このとき、ユーザー同士は取引をしません。

反対に、取引所ではメルカリのようにユーザー同士が値段を決めて直接取引をします。
その分安く買ったり、高く売ったりすることが可能になります。

ビットフライヤー(bitFlyer)やザイフ(Zaif)等の手数料がかからない「取引所取引」のほうが安くなるためなるべく取引所での売買をオススメします。

指値注文とは(ビットコイン・仮想通貨の注文方法①)

それでは本題の説明に入っていきます。
まず指値注文とは、売買の値段を指定して注文する方法です。
自分で値段を指定するため、取引所での取引の際に可能です。
以下の特徴があります。

指値注文のメリット:自分で値段を指定できる

例えばビットコインの価格が1BTC=100万円のときに、「ちょっと高いなー」と思ったら、自分で任意の金額(例えば80万円)を設定して注文だけしておき、80万円に下がったら注文が自動的に取引が実行される、といったことが可能です。
ですので、うまく価格設定すれば安価にビットコイン・仮想通貨を注文することができます。

指値注文のデメリット:取引成立までに時間がかかる可能性がある

一方、デメリットとしては、値段を下げすぎて注文すると取引がなかなか完了しない可能性がある、という点が挙げられます。
「今このタイミングで買いたい!」というときはあまりオススメしません。
また取引状況を確認しながら自分で価格を設定しなければいけないため、「面倒くさい!」と感じる方もいます。

成行注文とは(ビットコイン・仮想通貨の注文方法②)

成行注文とは、値段を指定しない注文方法です。
成行の買い注文を出すと、そのタイミングで最も低い価格の売り注文とマッチングし、取引が成立します。
また同様に成行の売り注文では最も高い価格の買い注文とマッチングして取引が完了します。
販売所での取引は、全て成行注文(取引所側が設定した金額での注文)になります。

成行注文のメリット:すぐに取引が成立する

成行注文では注文を入れた時点での価格で売買がおこなわれるため、すぐ取引が成立します。

成行注文のデメリット:予想外の価格になることがある

ほとんどは自分が直前に確認していた金額になるのですが、例えば取引成立までの数秒間の間に大きな売りや買い注文が入ると、大幅に価格がずれて注文が決まることがあります。可能性としては低いですが、念のためリスクがあることを頭に入れておいて下さい。

まとめ

・すぐ買いたいときは成行注文が便利!
・指値注文を使えば希望の金額で購入できる!
・値段指定が面倒なら、成行注文が楽ちんで初心者向き!

指値注文と成行注文に関してまとめてみました。
どちらもメリット・デメリットがあるので、しっかりと違いを把握して取引してみてください!

関連記事

DMMビットコイン(DMMBitcoin)の信用取引について徹底解説!

ビットコイン・仮想通貨のマイニング方法とは?初心者にもわかりやすく徹底解説!

ザイフ(Zaif)にログインする方法・やり方を解説!パスワード忘れた・ログインで...

【超初心者向け】DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の入金方法(銀行振込...

ザイフ(Zaif)のキャンペーンについて徹底解説!

Storj(ストレージ)のお得な買い方を徹底解説!特徴や今後の将来性も分析!