リスク(Lisk)とは?仮想通貨・アルトコイン初心者にも分かりやすく特徴を徹底解説!

今回は仮想通貨のリスク(Lisk)の特徴をまとめていきます。リスク(Lisk)といえば最近ビットフライヤー(bitFlyer)にも上場し、知名度も急上昇中です。そんなリスク(Lisk)の特徴や今後の展望をわかりやすくまとめていきます。

リスク(Lisk)の基本情報

名称 LISK(リスク)
独自通貨(コード) LSK
開発者/開発組織 Max Kordek, Olivier Beddows
コンセンサスアルゴリズム Delegated Prood of Stake
上限発行量 上限なし
承認目安時間 約10秒

リスク(Lisk)の現在の価格&時価総額

リスク(Lisk)のチャート


リスク(Lisk)とは〜概要〜

リスク(Lisk)は2016年に立ち上げられた、「分散型アプリケーションプラットフォーム」です。自社のプラットフォーム上にアプリを動かせる点がイーサリアムの仕組みに似ています。またイーサリアムと同様に、スマートコントラクト(契約を自動化するテクノロジー)を実装しています。

リスク(Lisk)の特徴・メリット

それではリスク(Lisk)の特徴をここから見ていきましょう。

リスク(Lisk)の特徴・メリット①発行枚数に上限がない

ビットコインなどの仮想通貨には発行枚数に予め上限があり、インフレを抑制する仕組みになっています。しかしリスク(Lisk)には流通量に上限がありません。そのため大量にリスク(Lisk)が発行され、通貨の価値が大幅に下がってしまうインフレを懸念する意見も上がっています。
この懸念を払拭するため、リスク(Lisk)は発行枚数を毎年減少していくというルールが決められています。これにより、今後、大量に発行されるということはありません。

リスク(Lisk)の特徴・メリット②言語にjavaScriptを使用

リスク(Lisk)は世界的に有名なjavaScriptをプログラミング言語に採用しています。開発者にも馴染みがあり開発も容易であるといえます。今後、プラットフォームとして様々なアプリケーション開発が活発になることが期待されます。

リスク(Lisk)の特徴・メリット③サイドチェーンを主に使用


参考:https://bitcoinmagazine.com/

サイドチェーンとは簡単に言うと、「ビットコインのブロックチェーンと繋がっている別のブロックチェーン」です。
イーサリアムなどの他の仮想通貨は完全に別のブロックチェーンネットワークになっていて、互換性はありません。一方サイドチェーンはビットコインのブロックチェーンと紐付いているためビットコインの信用度を元に取引することが可能になります。

具体的には以下のようなメリットがあります。

・メインチェーンには無かった機能を追加可能。
・手数料や承認時間を改善できる。

サイドチェーンが有望視されている背景として、ビットコインは今や世界中の人々が使っているため機能拡張などを簡単におこなえないという点が理由に挙げられます。サイドチェーンはその代替案として、様々な利用目的を満たすような開発がおこなえて、かつ信用情報はビットコインを引き継げるので大きな期待を集めています。

リスク(Lisk)の特徴・メリット④Delegated Prood of Stake(DPoS)を採用

リスク(Lisk)ではビットコインやイーサリアムと違い、ブロックチェーンの承認の仕組みにDelegated Prood of Stake(DPoS)を採用しています。
具体的には

①リスク(Lisk)保有者が投票(ヴォーティング)をおこなう。
②投票によって101人の承認者が選ばる。
③承認者がマイニングに相当する作業(フォージング)を行い、取引履歴が管理される。

いう仕組みになっています。

ここで面白いのが、投票してくれた人にも、インセンティブとしてリスク(Lisk)がもらえるという仕組みです。
リスク(Lisk)を保有していたら一度は参加してみたいですね。

以下に報酬をもらうステップを記載します。

①リスク(Lisk)の公式ウォレットの「Lisk nano wallet」のアカウントを作成する。
②ウォレットにリスク(Lisk)を送金する。
③フォージングを行う人に「投票(ヴォーティング)」をする。

非常に簡単ですね。これだけで誰でも1,000LSKあたり毎月7~9LSK程度付与されるのでオススメです。

リスク(Lisk)のデメリット:インフレの可能性がある

デメリットとしてインフレの可能性にも触れておきます。
発行枚数に制限がないため、一部のユーザーが発行枚数を無理やり増やすことでインフレが起こる可能性もゼロではありません。もちろん、説明したとおり発行枚数を徐々に減らしていくという方針を発表していたり、開発側も対策を講じるので実際にはインフレにはなりづらいと思いますが、リスクとしてあることは把握しておきたいポイントです。

リスク(Lisk)高騰の理由

リスク(Lisk)は2016年5月に誕生して以来、しばらくは停滞していましたが、2017年3月頃を境に高騰しています。これはビットコインの上場投資信託化の許可が降りず、他の仮想通貨・アルトコインが買われた影響です。6月には最高値で1LSK=400円まで上昇しましたが、その後は停滞しています。

リスク(Lisk)の今後の展望

ここではリスク(Lisk)の今後の展望・可能性に関していくつかのトピックを見ていきましょう。

Microsoftとの提携

リスク(Lisk)はMicrosoftと提携し、14,000BTCの資金調達をすることを発表しました。とMicrosoftが公表。これによって多くの人がLiskに注目することになりました。この提携により、リスク(Lisk)はMicrosoftのクラウドサービス「Azure」に、リスク(Lisk)の機能を取り入れる予定です。このような大企業との提携も今後のリスク(Lisk)の価格にポジティブに反映する要因のひとつとなりそうです。

リブランディング

リスク(Lisk)は、2018年2月にロゴなどをリニューアルする「リブランディング」をおこなう予定です。過去にリブランディングをおこなったダッシュコイン(DASH)が高騰したこともあり、こちらもリスク(Lisk)の価格にポジティブな影響を与えそうです。

毎年半減期が存在する

リスク(Lisk)では半減期が毎年来るように設計されています。
半減期とはマイニング(リスク(Lisk)ではフォージング)の報酬が減るタイミングのことです。
これは価格が上がるポジティブな要因となります。
なぜかというと、いままでと同じ作業の報酬が半減する=通貨の希少価値が上がるからです。
これは他の通貨でも同様で、半減期では価格が上がる可能性があります。

今後のアップデートスケジュール

リップルはもともとアップデートスケジュールが遅れていて、何度か延期になっています。
以下に今後のスケジュールを記載します。
イベントが目白押しですね!

2018年1月〜3月:モバイル&デスクトップアプリ
2018年2月20日:リブランディング
2018年4月:SDK配布
2018年7月:分散型取引所

リスク(Lisk)の買い方

リスク(Lisk)を現在買うことができるのは、ビットフライヤー(bitFlyer)とコインチェック(coincheck)です。ぜひチェックしてみてください!

bitFlyer(ビットフライヤー) 公式サイト

ビットフライヤー(bitFlyer)の登録方法はこちら。

ビットコインを購入するには、コインチェック(coincheck)やビットフライヤー(bitFlyer)などの販売所に登録すると非常に便利です...

coincheck(コインチェック) 公式サイト

コインチェック(coincheck)の登録方法はこちら。

今回は仮想通貨取引所のコインチェック(coincheck)の始め方(登録〜口座開設方法)を画像を使いながら解説していきます。 仮想通貨を始める...

関連記事

【超緊急速報】コインチェック社、NEMの保有者全員に補償を発表!!【山本一郎氏の...

ザイフ(Zaif)のチャートの見方・設定変更方法を徹底解説!

ビットポイント(BITPoint)の信用取引について徹底解説!

コインチェック(coincheck)にログイン方法・やり方解説!二段階認証・ログ...

【超初心者向け】ビットバンク(bitbank)の入金方法(銀行振込)!オススメの...

【超初心者向け】ザイフ(Zaif)の登録〜口座開設の方法をどこよりもわかりやすく...