コインチェック(coincheck)信用取引を徹底解説!リスクが高い?!

今回はコインチェック(coincheck)信用取引の方法をわかりやすく説明したいと思います。信用取引と聞いてもよくわからない方にも理解できるように説明していきます。

※このページでは既にコインチェック(coincheck)の口座を開設した人を対象としています。
まだ口座開設していない人は以下のリンクより登録してから記事を読んでいただけるとより理解が深まります。

コインチェック(coincheck) 公式サイト

解説記事はこちら。
【超初心者向け】コインチェック(coincheck)の始め方(登録〜口座開設)を解説

信用取引とレバレッジ取引の違い

信用取引とレバレッジ取引の違いを説明したいと思います。

・信用取引とは:

取引所から仮想通貨を借り、その仮想通貨を売ります。
その後、仮想通貨の価格が下がったところで買い戻し借りた取引所に仮想通貨を戻す。
資金がなくても取引所から借りて取引をおこなうことができ、通常ではできない売りから始めることができる取引です。

・レバレッジ取引:

例えばあなたが1万円をコインチェック(coincheck)に預け入れるとコインチェック(coincheck)は1万円分アカウントにクレジットしてくれます。クレジットしてくれた1万円はコインチェック(coincheck)のものなので返さなければいけません。もちろん金利も付きます。ただその1万円を担保にし最大で5倍、つまり5万円分の取引ができるようになります。リスクは高いですが利益も多くなる可能性があります。
現物取引と違い、担保を元に仮想通貨を借りることができてそれを売ることができます。最終的には借りた仮想通貨を返済します。

 

コインチェック(coincheck)信用取引のやり方

コインチェック(coincheck)信用取引のやり方を説明したいと思います。


下記リンクからコインチェック(coincheck)にログインし、赤枠「取引所」をクリックしてください。

コインチェック(coincheck) 公式サイト


上記ページへ移るので赤枠「信用取引」をクリックしてください。


①借りる通貨を選択してください。
②借りる数量を入力してください。
③「信用取引とそのリスク」を確認しチェックを入れて「○○○を借りる」をクリックしてください。


同じページで自分の今までの取引履歴を見ることができるので取引履歴を確認したい場合は女気ページで確認できます。

コインチェック(coincheck)信用取引の手数料

借入手数料・・・0.05%/日(金利は借入期間満了時に払います。)
スワップ手数料(15日後売り買いそれぞれのポジションを維持した時に支払う手数料)
ロング(買い)・・・0.04%/日
ショート(売り)・・・0.05/日

コインチェック(coincheck)信用取引で借りた通貨の返済・期間

信用取引の借入できる期間は15日間です。
証拠金維持率が50%を下回ると返済をおこなうために強制的に決済されます。この時に出た損失についてはもちろんユーザーの負担です。
15日をすぎるとポジションを維持するため自動的に借入がおこなわれます。
詳しくは下記リンクをご覧ください。
信用取引

Q&A: コインチェック(coincheck)の信用取引ができないんだけど?中止?

筆者が記事を書いた現在(2018年2月)でも信用取引の新規借入は中止となっていました。サービスの再開も未定となっています。

Q&A: コインチェック(coincheck)信用取引はスマホでもできる?

コインチェック(coincheck)信用取引はスマホでおこなうことができません。
ただコインチェック(coincheck)のアプリは非常に便利なのでこの機会にぜひダウンロードしてみてください。
Coincheck ビットコインウォレット

ビットコインウォレット Coincheck

Q&A:コインチェック(coincheck)での信用取引の期間は?

信用取引の借入できる期間は15日間です。

関連記事

モネロ(Monero)とは?お得な買い方を徹底解説!特徴や今後の将来性も分析!

ビットフライヤー(bitFlyer)の信用取引について徹底解説!

【ビットコイン・仮想通貨】指値注文・成行注文とは?メリット・デメリットを初心者に...

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)のレバレッジ取引方法を徹底解説!振替...

ビットフライヤー(bitFlyer)のアプリによる二段階認証の設定方法(超初心者...

【超初心者向け】ビットポイント(BITPoint)の入金方法(銀行振込・コンビニ...