【手数料が高い?】コインチェック(coincheck)の評判・メリット・デメリットを徹底解説!

「コインチェック(coincheck)って最近テレビやSNSでよく見るけど、実際の所どうなんだろう??」
と思われている方も多いと思います。
実際に「初心者向け」「使いやすい」といわれることも多いコインチェック(coincheck)ですが、本当に使いやすいのでしょうか?
今回はコインチェック(coincheck)のメリット・デメリットをネット上の評判・口コミと併せて徹底的に分析していきます。

coincheck(コインチェック) 公式サイト

メリット(評判・口コミ)

まずはメリットを幾つかのポイントからみていきましょう。

アプリ・サイトが使いやすい

■評判・口コミ


全部一画面で完結するから使いやすい。


色々仮想通貨取引所を使ってるけどコインチェックが見やすくて使いやすい!


アプリが使いやすいのはCoincheck。


仮想通貨の取引アプリで一番見やすいのはcoincheckで決まり!

一番意見として多いのが「アプリ・サイトが使いやすい」という意見です。
多くの仮想通貨関連の会社が金融出身の経営者である一方、コインチェック(coincheck)は元々ウェブサービスの開発をおこなっていたベンチャー企業で、社長もエンジニアです。その為他社と比較しても優れたサービスを提供することができています。

主要アルトコインを多数扱っている

■評判・口コミ


取扱銘柄豊富で使いやすい!


いくつか試してみたけど使いやすいのはコインチェックかな?初心者でも簡単にできたし、リップル、ネムが買える。


ダッシュ買うならコインチェックか。



ライトコイン買えるのは大きいなー!

コインチェック(coincheck)の大きな特徴としてアルトコインが多い点が挙げられます。
ビットコインや主要なアルトコインが合計13種類扱っています。
イーサリアムやライトコイン、リップル、ネムなどの主要アルトコインを網羅しているため、アルトコインの取引を検討している方はコインチェック(coincheck)はマストのサービスと言えます。

※参考:主要取引所別取り扱い通貨・トークン

認知度が高い

■評判・口コミ


コインチェックのCMの出川哲朗に親近感わく


今出川が出てるコインチェックのCMをみた!ここからどんどん広まる予感。

コインチェック(coincheck)といえば出川さんのCMが大変話題になりました。
このCMのおかげもあり、コインチェック(coincheck)の認知度は急速に上がっています。
SNS上でもかなりのユーザーが出川さんのCMに言及していました。

また、コインチェック(coincheck)COOの大塚雄介さんは「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」という本も出版しています。
ビットコインの入門編の本として見つけられない書店がないほど売れており、高い認知度を築く一つの要因になっています。

デメリット(評判・口コミ)

続いてはデメリットの紹介です。

手数料(スプレッド)が高い

■評判・口コミ


凄く見やすく使いやすいけど、手数料が高いのが唯一の欠点。。。


coincheckはアルトコインのスプレッドが高い。

デメリットとしては手数料の高さを挙げている方が多くいました。
そもそもコインチェック(coincheck)には仮想通貨を売買する方法が大きく2種類あります。

■販売所
・コインチェック(coincheck)側で決定した金額で売買する(コインチェック(coincheck)と売買する。)
・すぐ購入できる。
・スプレッド(買いの価格と売り価格の差額)が広く、実質的に手数料は割高となる。
・アルトコインの売買にも対応。

■取引所
・他のユーザーと売買をおこなう。
・ユーザーと直接やりとりするため、取引所と比較し手数料が安い。
・現在はビットコインのみ対応。
・手数料が無料。
・売り手と買い手がマッチするまで購入できない。

現状ではアルトコインを購入する際は販売所で購入するしか方法がないため、手数料は高くなってしまいます。ただ、短期的に何度も売買するような取引をおこなえば気になりますが、価格変動幅が大きいことから初心者の方は基本的には長期保有をおこなう方が良いと考えており、長期保有の方にはあまり関係ない話とも言えます。

サポートの問い合わせ対応が悪い

■評判・口コミ


コインチェックのサポートの返事来なくてつらい


コインチェックのサポート窓口駄目ですね。


Coincheckのサポートはいつも回答早いし親切で好き。


送金ミスの対応はコインチェック意外に早かった。

ビットコイン・仮想通貨は急激に普及したため、コインチェック(coincheck)に限らず、多くの仮想通貨取引所でサポートに対する不満の口コミが散見されました。
コインチェック(coincheck)としても問題と捉えており、カスタマーサクセス事業部の増員をおこなうなど、手をつくしているようです。
その為最近ではポジティブな口コミも見られる様になってきました。

他の取引所でしか取り扱っていない通貨・トークンも存在する


モナコインはまだ取り扱っていない取引所コインチェックとか結構あるからね~


COMSAあつかってるのはZaifのみか。

取引銘柄が多いコインチェック(coincheck)ですが扱いのないコインも当然あります。
ここも今後改善されていくかと思いますが、現状ですとザイフ(Zaif)がコインチェック(coincheck)がカバーしていないコイン(上のモナコインやCOMSA)を複数扱っているので併用するのがおすすめです。

ザイフ(Zaif) 公式サイト

「ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨投資に興味があるが、どの取引所がよいのか分からない。。」 そんな悩みをお持ちのビットコイン・仮想通貨...

補償制度が開始されない。

■評判・口コミ


コインチェック的には補償制度は発表しただけで実際はやってないよ。


うわあ、マジですかー。補償制度、もう実施されてると思ってた

不正ログインされてしまった場合に最大100万円まで保証する制度を発表しましたが、まだ運用が開始されていません。
社内で調整中とのことですが、ユーザーに安心感を与える素晴らしい制度だけに早く開始してもらいたいポイントです。

参考URL:国内初、ユーザーアカウントへの「不正ログインにかかる損失」を最大100万円まで補償。取引所Coincheckにおける「なりすまし」補償を開始

ただ、コインチェック(coincheck)はセキュリティにかなり力をいれており、具体的には以下の項目を強化しています。

・コールドウォレットによるビットコインの管理
・お預かり金の管理
・SMS・デバイスによる二段階認証
・SSL暗号化通信
・取引履歴の管理
・顧客情報データベースの暗号化
・本人確認の徹底

今後もセキュリティに関してはより一層強化をしてほしいですね。

まとめ

コインチェック(coincheck)の評判をメリット・デメリットに分けてかなり細かくみていきました。
デメリットのポイントも現在ではかなり改善されている印象を受けており、
改めて使いやすさやアルトコインの多彩さからまず最初に使い始めるべきサービスとしておすすめです。
まだ口座をお持ちでない方は以下のリンクから15分程度で簡単に登録できますので是非登録してみて下さい。

coincheck(コインチェック) 公式サイト

登録方法はこちらから:

今回は仮想通貨取引所のコインチェック(coincheck)の始め方(登録〜口座開設方法)を画像を使いながら解説していきます。 仮想通貨を始める...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

GMOコインのFacebook登録をすすめない理由!簡単な登録には落とし穴が?!

ビットバンク(bitbank)の手数料(入金・出金・送金・取引)を徹底解説!【初...

ザイフ(Zaif)の信用取引について徹底解説!

コインエクスチェンジ(QUOINEX)法人口座開設・登録方法を解説!必要書類は?

【スマホ版】ビットポイント(BITPoint)の登録・口座開設方法を徹底解説!

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)のパスワードを忘れた…!再設定・変更...