ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)のお得な買い方・購入方法を徹底解説!特徴や今後の展望なども分析!

今回はビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)のお得な買い方・購入方法を解説します。またコインの特徴や今後の展望なども記載していきます。
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)は2017年8月にビットコイン(Bitcoin)からハードフォークして誕生した仮想通貨です。
基本的にはビットコイン(Bitcoin)と同様の仕様になっていますが、処理できるデータの大きさがビットコイン(Bitcoin)の8倍を誇ります。
「正統派ビットコイン」として、いま注目のコインです!

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)を一番安く買える取引所は?

結論からお伝えすると、ザイフ(Zaif)とコインエクスチェンジ(QUOINEX)が一番手数料が安く、取引することが可能です!
以下主要取引所の手数料をまとめましたので確認してみてください。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の手数料一覧

仮想通貨取引所 販売所or取引所 手数料
ビットフライヤー(bitFlyer) 販売所 0.01%~0.15%
ザイフ(Zaif) 取引所 無料
GMOコイン 販売所 無料
コインエクスチェンジ(QUOINEX) 取引所 無料

販売所と取引所を比較すると取引所のほうが手数料がやすいため、ここではザイフ(Zaif)とコインエクスチェンジ(QUOINEX)をオススメします!より知名度が高く、取り扱いコインも多いザイフ(Zaif)がここではオススメです。

【ザイフ(Zaif)】

ザイフ(Zaif) 公式サイト

ザイフ(Zaif)の登録方法はこちらの記事を確認して下さい!

今回は仮想通貨取引所のザイフ(Zaif)の始め方(登録〜口座開設方法)を画像を使いながら解説していきます。 初心者の方も簡単に登録できるように...

【コインエクスチェンジ(QUOINEX)】

コインエクスチェンジ(QUOINEX) 公式サイト

コインエクスチェンジの登録方法はこちらの記事を確認して下さい!

今回はコインエクスチェンジ(QUOINEX)の登録〜口座開設する方法を徹底的に解説していきます。 初心者の方も簡単に登録できるように写真を沢山...

【仮想通貨の取引手数料の比較】

今回は仮想通貨取引所の手数料をアルトコイン別に比較したいと思います。 ビットコインだけでなく現在では1,000種類以上の仮想通貨があります。 ...

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の
買い方・購入方法

コインの取引方法は、以下の2種類です。
①指値(さしね)注文:売買の値段を指定して注文する方法
②成行(なりゆき)注文:売買の値段を指定せずに注文する方法

どちらもそれぞれのメリット・デメリットがありますが、
初心者の方には、購入が即時完了する成行注文での購入をオススメします。

ザイフ(Zaif)での成行注文の方法

ここではザイフ(Zaif)でのビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の買い方・購入方法を説明していきます。
以下URLよりザイフ(Zaif)にログインして下さい!

ザイフ(Zaif) 公式サイト

〈0〉ログイン後の画面

〈1〉取引するコインを選択する


左上の赤枠を選択します。


「BCH/JPY」を選択します。

 

〈2〉買いたいコインの数量を入力する。

①「成行」を選択します。
②買いたい数量を選択します。
③想定される金額(円)が表示されます。
④数量が確定したら、「買い注文」を選択します。

以上でザイフ(Zaif)での買い方、購入方法の説明は終わりです。

ザイフ(Zaif)のその他の売買方法や詳しい取引方法はこちらをご覧ください!

今回はザイフ(Zaif)でのビットコイン・仮想通貨の買い方(購入方法)をわかりやすく解説していきます。 「ビットコイン・仮想通貨投資を始めてみ...

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の最近の値動き(高騰の理由)

理由①:ビットコイン(Bitcoin)の価格急落

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)はビットコイン保有者の避難用として使われることもあるため、ビットコインの価格が下がった時にビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の価格が上がることがあります。

2017年11月にビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)は急激に値上がりしました。
この時は、ビットコイン(Bitcoin)のマイニングの難易度が上がるニュースが流れたため、ビットコイン(Bitcoin)の価格が下落し、その反動でビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の価格が上がっています。

理由②:GDAXへの上場

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)は2017年12月に最高値を記録しました。
これは、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)が世界最大規模の取引所であるGDAX(ジーダックス)への上場するニュースが発表されたことが原因だと言われています。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の特徴
メリット①:送金手数料が安いまま

ビットコイン(Bitcoin)の送金手数料は、取引量が増加するにつれて高騰していきますが、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)は利用が増えても、ずっと手数料が数十円で済む仕組みです。

ビットコインのブロック容量は1MBで、取引量がそれを超えると手数料が高騰します。
しかし、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)はブロック容量が8MBと大きく、取引量がそれを超えても容量が自動で拡張され、最大32MBまで大きくなります。そのため、手数料が安いまま維持できるのです!

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の特徴
メリット②:送金速度が安定している

先述の通り、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)のブロックサイズは8MBとビットコイン(Bitcoin)より大幅に大きく、また、8MBを超えても32MBまで拡張されます。
そのため、取引量によって送金速度が左右されることはほぼなく、安定して取引を行うことができます。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の特徴
デメリット:使える場所が少ない

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)のデメリットとしては、まだまだ使える場所が少ないということです。世界的にビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)が利用可能なATMの数は増えていますが、日本にはまだ1台もありません。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の
今後の展望・将来性

2018年に2度のハードフォーク(仕様変更)を予定

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の開発者チームの一つであるBitcoin ABCが、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の中期開発計画を発表しました。
これによると、2018年の5月15日と11月15日に仕様変更目的のハードフォークを計画しています。
変更内容はブロックサイズの拡張、マイニング難易度調整アルゴリズムの変更などです。
ハードフォークによって、なんらかの値動きは予想されます。
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の中期開発計画ページはこちら

各種サービスの整備

まだ実生活で使える場所が少ないビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)ですが、ビットコイン(Bitcoin)並みの信頼に加え、ビットコイン(Bitcoin)よりも送金スピードが速く、手数料も安価であることから、実用化の動きは加速することが予想されます。

  • ATMの整備

Athena Bitcoin社は、2018年2月に同社のビットコインATMでビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の取り扱いを始めたことを発表しました。今後世界中でビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)が利用可能なATMが増えていきます。
現在日本国内でビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)が利用できるATMは存在しませんが、今後に期待しましょう!

  • ネットショップなどで使える場面が増えている

オンラインでの使用場面は増えています。
マイクロソフトのアカウントやワイン通販のカーヴなどでビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)での支払いが可能になりました。
今後さらにECサイトでのビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の利用場面は増えるでしょう。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)のチャート

 

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の時価総額&現在の価格(米ドル/日本円)


 

関連記事

ビットフライヤー(bitFlyer)の本人確認方法(PC・スマホアプリ)徹底解説...

【ビットコイン・仮想通貨】指値注文・成行注文とは?メリット・デメリットを初心者に...

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)での仮想通貨の送金方法を徹底解説!手...

ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウントの口座開設・登録方法を徹底解説!...

【厳選】ビットコイン・仮想通貨投資を始める初心者が最初に登録すべきオススメ取引所...

【スマホ版・超初心者向け】GMOコインの始め方(登録〜口座開設方法)を徹底解説!