ファクトム(FACTOM)とは?お得な買い方を徹底解説!特徴や今後の将来性も分析!

ファクトム(FACTOM)とは、ブロックチェーン技術を利用して書類や記録を安全に管理することができる、分散型のデータ管理プラットフォームです。
ファクトム(FACTOM)の基本情報や買い方、今後などをわかりやすく解説します!

ファクトム(FACTOM)を一番安く買える取引所は?

ファクトム(FACTOM)を一番安く取引をおこなうことができる取引所は「Poloniex」です。

Poloniex公式サイト

ファクトム(FACTOM)の手数料一覧

仮想通貨取引所 販売所or取引所 手数料
Poloniex 販売所 0.15%/0.25%(30日間の取引量に応じて手数料が変化します。

ファクトム(FACTOM)の買い方・購入方法

「POLONIEX」でのファクトム(FACTOM)の購入方法を紹介します。

Poloniex公式サイト


まずはPOLONIEXにログイン後、左上の「EXCHANGE」をクリックしてください。


右側にPOLONIEXが取引をおこなっている仮想通貨の一覧があるので、FCT(ファクトム)をクリックしてください。


①1FCTに対する1BTCの値段。
②購入するFCTの量を記入。
③支払うBTCの量。
④内容を確認して確定。

ファクトム(FACTOM)の最近の値動き(高騰の理由)

ファクトム(FACTOM)は、2015年9月に誕生して以降、非常に緩やかな価格上昇で推移していました。

2017年の4月に価格が上昇し始め、6月に3900円台まで急上昇しました。
これは、ファクトムハーモニーのニュースが広がったためだと考えられています。

また、2018年1月には最高値の8988円を記録。その後暴落しました。
その原因としては、
①ファクトム(FACTOM)がbitFlyerに上場するというフェイクニュースが流れたため。
②国内唯一ファクトムを取り扱っていた取引所であるコインチェック(coincheck)のユーザーが急増したため。
③仮想通貨に関するインフルエンサー(大きな発言力を持つ人)であるマカフィー氏がTwitter上でファクトム(FACTOM)について言及したため。
などが挙げられます。

 

ファクトム(FACTOM)の特徴①:
安全で透明な文書データの管理ができる

ファクトム(FACTOM)とは、書類や記録を安全に管理することができる、分散型のデータ管理プラットフォームです。ビットコインのブロックチェーン技術を応用してあります。

通常、契約書類などの公的な記録は、その管理者が一カ所のサーバーで管理します。
しかしそれではハッキングなどを受け、中身が改ざんされたりするリスクがあります。

ファクトム(FACTOM)では、これらの膨大なデータを一カ所のサーバーではなく、管理者が世界中にいるブロックチェーン上に保存します。こうすることで、データの所有者は所有するサーバーの負担を軽減でき、しかも安全で透明性の高い状態で管理することができます。

ファクトム(FACTOM)の特徴②:
将来性のある関連プロジェクト

ファクトム(FACTOM)はその技術を生かして、今後注目するべきプロジェクトを複数進めています。

DLOC

LINXENS社と連携し開発した今後が期待される技術です。
紙などのインターネットにつながっていない文書(オフライン)のデータをブロックチェーン上(オンライン)に保存することができます。

紙の文書にステッカーを貼り付けて読み込むだけでその文書を取り込むことができ、プラットフォーム上で追跡することができます。
例えば医療記録(カルテ)にこの技術を利用すれば、膨大な紙の束を参照することなく、データにアクセスするだけで過去の記録を見ることができます。

ファクトムハーモニー

ファクトムハーモニーは、住宅ローン業界にファクトムの技術を応用し、より低いコストで、より安全にデータを管理するプロジェクトです。

アメリカの住宅ローン業界では、毎年大量のデータが発生し、過去のデータとともに膨大な量のデータを管理しています。合計すると、40兆ページにも及ぶそうです。
これらのデータ管理するには莫大なコストがかかりますし、改ざんのリスクも抱えています。

この問題の解決を目指すのがファクトムハーモニープロジェクトです。
住宅ローンの文書データをブロックチェーン上に保存することで、改ざんが不可能で安全な状態で管理をすることができます。
また、管理を第三者に委ねる必要がなくなるため、金銭的なコストを下げることもできます。

ファクトム(FACTOM)の今後の展望・将来性

ファクトム(FACTOM)は複数の資本家から期待を受けています。
2017年にはビル&メリンダ・ゲイツ財団から5000万ドルの資金調達を受けてもいます。
豊富な支援を受け、ますます開発が進むことが期待されます。

ファクトムの今後を見据える上では、やはり、
◼︎ファクトムハーモニー
◼︎DLOC
の展開は注目すべきです。

ファクトム(FACTOM)はTwitterの公式アカウントも運営しているため、フォローしてみてはいかがでしょうか?
【FACTOM 公式Twitter】

★コイン名★のチャート


★コイン名★の時価総額・レート(日本円)

関連記事

ビットコイン・仮想通貨のマイニング方法とは?初心者にもわかりやすく徹底解説!

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)からのメールが届かない時の対処法!メ...

【超初心者向け】バイナンス(Binance)の入金方法(ビットコイン・イーサリア...

【徹底更新】ビットフライヤー(bitFlyer)のキャンペーンまとめ!

【スマホ版】bitFlyer(ビットフライヤー)の登録・口座開設方法を徹底解説!

ビットバンク(bitbank)の注文について徹底解説!【初心者向け】