ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウントの口座開設・登録方法を徹底解説!作れない時の対処法や削除方法も!

この記事では、仮想通貨取引高日本一のビットフライヤー(bitFlyer)のアカウント口座開設・登録方法〜作れないときの対処法や削除方法を徹底解説します。ぜひ参考になさってください。

ビットフライヤー(bitFlyer)への登録は以下のリンクから15分程度で簡単に登録できます。まだ口座をお持ちでない方はぜひ登録してみてください。

ビットフライヤー(bitFlyer) 公式サイト

登録方法はこちらから:

ビットコインを購入するには、コインチェック(coincheck)やビットフライヤー(bitFlyer)などの販売所に登録すると非常に便利です...

ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウントの種類について

ビットフライヤー(bitFlyer)には以下の2つのアカウントクラスがあります。

・ウォレットクラス
・トレードクラス

トレードクラスでは、ビットフライヤー(bitFlyer)のすべてのサービスを利用できますが、ウォレットクラスでは以下の制限があります。

・仮想通貨の購入と売却が不可
・Lightning現物の利用不可
・LightningFXの利用不可
・7日間の仮想通貨送付合計金額が10万円以内

「トレードクラス」のみ仮想通貨の売買が可能となっていますので、売買するためにはアカウントを「トレードクラス」にする必要があります。アカウントを「トレードクラス」にするには以下の手続きが必要です。

・本人情報の登録
・本人確認資料の提出
・取引目的の確認
・転送不要の書留郵便の受取

アカウントを登録する際には本人情報の登録まですべて完了し、トレードクラスで始めるとよいでしょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウントはどれにすべき?

ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウントは「トレードクラス」にすべきでしょう。なぜなら「トレードクラス」にしないと仮想通貨の購入・売却ができないからです。

ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウント作り方・作成・登録方法

ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウントの登録方法についてまとめました。

準備するもの

アカウントの登録には以下のものが必要なため、登録作業をする前に準備しておきましょう。

・メールアドレス
・本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)の画像
・銀行口座情報(銀行・支店名、口座番号、口座名義人名)

アカウントの登録方法

以下の手順でアカウントの登録を進めましょう。

1.メールアドレスの認証
2.二段階認証の設定(ここまで完了するとウォレットクラスとなります)
3.個人情報の入力
4.本人確認書類の提出
5.取引目的の入力
6.銀行口座情報の登録
7.書留郵便の受け取り(完了するとトレードクラスになります)

以下のボタンからトップページに飛び、アカウントを開設しましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer) 公式サイト

1、メールアドレスの認証

「メールアドレス」を入力し、「アカウント作成」をクリックします。

そうすると登録したメールアドレスにメールが届きますので、メール本文に書かれてある「URLをクリック」するか、「キーワードを入力」し「アカウント作成」ボタンを押します。

次の画面ではすべてにチェックマークを入れ、「bitFlyerをはじめる」をクリックします。

2、二段階認証の設定

続いて二段階認証の設定をします。

「認証アプリを使う」または「携帯電話のSMSで受け取る」のどちらかをクリックします。この記事では、「携帯電話のSMSで受け取る」を選んだ場合の登録方法を解説します。

携帯電話番号を入力し、「次へ」をクリックします。そうすると携帯電話に「確認コード」がSMSで届きますので、入力します。

二段階認証を使用したい項目を選択します。後からでも変更可能なため、ここでは何もチェックせずに「二段階認証を設定する」をクリックします。

完了をクリックします。

ここまでで「ウォレットクラス」の登録は完了です。続いて「トレードクラス」にするために手続きを進めましょう。

3、個人情報の入力

続いて個人情報の入力をします。

「まずは取引時確認の入力からはじめる」をクリックします。

名前、性別、生年月日、住所、電話番号を入力し、「登録情報を確認する」をクリックします。

確認画面が出ますので、確認し間違いがなければ「ご本人情報を登録する」をクリックします。

「続けてご本人確認資料を提出する」をクリックします。

以上で個人情報の入力は完了です。ここまでで登録作業は約半分終了しています。

4、本人確認書類の提出

続いて本人確認書類の提出をします。

「▼」を押し、プルダウンから提出書類の種類を選択します。この記事では「運転免許証」を選んだ場合を解説します。

運転免許証の「表面」「裏面」の画像を用意します。「画像ファイルを選択する」をクリックし、それぞれアップロードします。「ご本人確認資料を提出する」をクリックします。

「続けて、取引目的等を確認する」をクリックします。

本人確認書類の提出は以上で完了です。

5、取引目的の入力

続いて取引目的の入力です。この項目は簡単に済ますことができます。

「私は海外の重要な公人、もしくはその親族ではありません。」にチェックを入れます。
職業と、取引の目的についての項目では、ご自分に当てはまるものにチェックを入れます。

「続けて銀行口座情報を登録する」をクリックします。

入力項目は次の項目で最後となります。

6、銀行口座情報の登録

銀行口座情報の登録をします。

確認画面が出ますので、間違いなければ「銀行口座情報を登録する」をクリックします。

「ホームに戻る」をクリックします。

以上でアカウントの入力作業は終了です。大変お疲れさまでした!

7、郵便書留の受け取り

入力した情報に問題がなければ、ビットフライヤー(bitFlyer)側で本人確認資料が承認され、郵便書留が発送されます。
郵便書留を受け取ると、アカウントは「トレードクラス」に昇格となり、通貨の売買を始めることができます。

ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウントが作れない時の対処法

アカウント作成の手順が間違っていないか再度確認してみましょう。それでも作成できない場合は、お問い合わせフォームから「新規アカウント作成」を選択し、問い合わせましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウントが凍結・停止された時の対処法

パスワードを一定回数間違って入力してしまったとき

一定時間ログインできなくなるため、時間を空けてから再度ログインするようにしましょう。パスワードが分からなくなってしまった場合はこちらからパスワードの再設定依頼をしましょう。

ログイン確認メール下のURLから口座凍結ボタンを押した場合

凍結解除の依頼が本当に本人からなのか確認するために、ビットフライヤー(bitFlyer)では電話で本人確認をします。こちらから凍結解除の依頼をし、電話を待ちましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウントが乗っ取られた時の対処法

もしもアカウントが乗っ取られたら、口座を一時停止(凍結)する手続きをとりましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)では、デフォルトではログインする度にメールが送付されます。もしもログインに心当たりがなかった場合は、メールの一番下の「アカウント凍結用URL」をクリックしましょう。そうすると口座が凍結され、取引や送金が停止されます。

ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウント変更方法

登録したメールアドレス、携帯電話番号、住所や名前などが変更になった場合について記載します。

セキュリティ上、自分自身の操作のみでこれらの情報を変更することはできません。問い合わせフォームから「ご登録情報の変更」を選択し、問い合わせする必要があります。

ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウント削除方法

お問い合わせフォームから「アカウント解約」を選択し、解約を依頼しましょう。

なお、解約を依頼する前に日本円や仮想通貨の残高を「0」にしておくことを忘れずに。

ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウント作り直し方法

ビットフライヤー(bitFlyer)では、一人の人がアカウントを作成できるのは1つのみのため、作り直すことはできません。変更箇所を申請し既存のアカウント情報を変更しましょう。。

ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウントでの残高の確認方法

ビットフライヤー(bitFlyer)では、残高はログイン後の画面中央「資産状況」に表示されます。

Q&A①ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウントは複数(2つや3つ)作れますか?

複数のアカウントは登録できません。

Q&A②ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウントは機種変更しても引き継ぎ可能ですか?

機種変更しても引継ぎ可能です。ただし、二段階認証の設定状況によって、ビットフライヤー(bitFlyer)への問い合わせが必要になるケースもありますので注意が必要です。

・二段階認証にメールを利用している場合

新しい機種でビットフライヤー(bitFlyer)に登録したメールアドレスが利用できない場合、問い合わせ窓口からメールアドレス変更の連絡が必要となります。

・二段階認証にSMSを利用している場合

携帯番号が変更になった場合は、問い合わせ窓口から携帯番号変更の連絡が必要となります。

・二段認証に認証アプリを使用していた場合

初期化してしまったり、紛失してしまったりなどで古い機種の認証アプリを使えない場合は、ビットフライヤー(bitFlyer)への問い合わせが必要です。なぜなら、二段階認証の設定を変更するには古い機種で利用していた認証アプリから発行される認証コードが必要になるため、変更や再設定ができないからです。

古い機種が手元にある場合はwifiに接続し、認証アプリの設定を更新しましょう。

機種変更前であれば以下の方法が有効です。
・複数台のスマホに同じ認証アプリを入れてバックアップしておく
・認証方法をメール認証かSMS認証へ切り替える
・QRコードとアカウントキーを印刷またはスクリーンショットしておく

「認証方法をメール認証かSMS認証へ切り替える」手順

ホーム画面右下の「アカウント情報」欄の「ご本人確認のご登録」をクリックします 。

「セキュリティ設定」をクリックします 。

「二段階認証設定を変更する」をクリックします 。


認証アプリから「確認コード」を入力し、「次へ」をクリックします 。


確認コードの取得方法を「携帯電話のSMSで受け取る」か「メールで受け取る」のどちらかを選択します。ここでは「携帯電話のSMSで受け取る」を選択した場合の手順を解説します。SMSで届いた確認コードを入力し、「二段階認証を設定する」をクリックします 。「設定画面に戻る」をクリックします。

以上で二段階認証が「携帯電話のSMSを利用する」に切り替わりました。

QRコードとアカウントキーを印刷またはスクリーンショットしておく手順


(最初の手順は前項と同じです)「認証アプリを使う」をクリックし、「次へ」をクリックします。 「QRコード」「アカウントキー」が表示されたページを印刷するか、スクリーンショットをとっておきましょう。アカウントキーが更新されますので、認証アプリを起動させQRコードを読み込み、二段階認証を再設定します。
「確認コード」を入力し、「二段階認証を設定する」をクリックします。

「設定画面に戻る」をクリックします。

以上で完了です。

まだ口座をお持ちでない方は以下のリンクから15分程度で簡単に登録できますので是非登録してみて下さい。

ビットフライヤー(bitFlyer) 公式サイト

登録方法はこちらから:http://thenextwave.net/?p=18

関連記事

ザイフ(Zaif)の信用取引について徹底解説!

BitCrystals(ビットクリスタルズ)とは?お得な買い方を徹底解説!特徴や...

ビットフライヤー(bitFlyer)のFacebook登録をおすすめしない理由!...

GMOコインの信用取引について徹底解説!

コインチェック(coincheck)指値注文とそのキャンセル方法を徹底解説!

GMOコインのキャンペーンを徹底解説!