ビットポイント(BITPoint)の手数料(入金・出金・送金・取引)を徹底解説!【初心者向け】

数ある仮想通貨取引所の一つであるビットポイント(BITPoint)。仮想通貨取引所にはそれぞれの特性があり、取引方法や取引できるアルトコインの種類など仮想通貨取引所によって違います。今回はその中でも、ビットポイント(BITPoint)の手数料(入金・出金・送金・取引)についてビックアップして徹底解説いたします。

また、ビットポイント(BITPoint)にこれから登録しようと思っている方は、こちらから簡単に登録できます。

BITPoint(ビットポイント) 公式サイト

解説記事はこちらから
ビットポイント(BITPoint)の登録・口座開設方法を徹底解説!

ビットポイント(BITPoint)で扱っている仮想通貨一覧

ビットポイント(BITPoint)では取引ごとに、以下の仮想通貨を取り扱っています。

現物取引
・ビットコイン(BTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH/BCC)
・ライトコイン(LTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(ZRP)

レバレッジ取引
・ビットコイン

ビットポイントFX取引
・ビットコイン

ビットポイント(BITPoint)手数料一覧

ビットポイントを利用するときにかかる手数料は以下の通りです。

・入金手数料
・出金手数料
・送金手数料
・取引手数料

また口座開設の手数料・口座管理料は無料となっています。

ビットポイント(BITPoint)販売所と取引所での手数料の違い

仮想通貨取引所には、販売所と取引所の2種類の取引方法がありますが、ビットポイントでは取引所のみの取引となります。

取引所とは、他の取引している人とのオークション形式での取引になるので、暴騰時や暴落時にはアクセスが集中し、取引しづらいこともあります。
また、取引するには一定の手数料がかかります。
※一部の取引所では手数料無料キャンペーン等をおこなっています。

販売所とは、ビットポイントなどの仮想通貨取引所との取引になるので、暴騰時や暴落時にも安定して取引できます。
取引するには手数料はかかりませんが、スプレッド(買値と売値の差)が発生します。
取引所と販売所の違いに関して詳しく知りたい方は以下のリンクをご覧ください。

取引所と販売所の違いとオススメ取引方法を徹底解説(ビットコイン・仮想通貨超初心者向け)

ビットポイント(BITPoint)販売所手数料

ビットポイントには販売所がありません。

ビットポイント(BITPoint)取引所手数料

ビットポイントでは、現物取引にかかる手数料はビットコイン、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)共に無料です。

仮想通貨取引所 ビットコイン アルトコイン
ビットポイント(BITPoint) 無料 無料
ビットフライヤー(bitFlyer) 0.01~0.15% 0.20%
ザイフ(Zaif) ー0.01% 0.0~0.3%
DMMビットコイン(DMM Bitcoin) 無料 無料
GMOコイン 無料 無料

ビットポイント(BITPoint)のレバレッジ取引・ビットコインFX取引手数料

ビットポイントでは、レバレッジ取引・ビットコインFX取引においても手数料は無料となっています。
しかし、レバレッジ取引には建玉管理料として売買時に0.035%かかり、建玉を日を持ち越した場合にも0.035%/日の建玉管理料が徴収されます。ビットコインFX取引においても、スワップポイントが0.035%/日になりますので、一日建玉を維持する毎に0.035%の費用がかかります。

要約すると、
・レバレッジ取引 売買時0.035%+0.035%/日
・ビットコインFX取引 0.035%/日
の手数料が徴収されることになります。

以下他の取引所との比較です。

※()内は各取引所のスワップポイントです。

取引所 ビットコイン アルトコイン
ビットポイント(BITPoint) 無料(0.035%) 無料(0.035%)
ビットフライヤー(bitFlyer) 無料(0.04%)
ザイフ(Zaif) ー0.01%(0.039%) 0%(0.039%)
DMMビットコイン(DMM Bitcoin) 無料(0.04%) 無料(0.04%)
GMOコイン 無料(0.05%) 無料(0.05%)

ビットポイント(BITPoint)の入金手数料(日本円)

ビットポイントでの日本円の入金手数料は、即時入金を行えば無料で入金できます。
即時入金を行える提携銀行は

・イオン銀行
・ジャパンネット銀行

です。
通常の入金をおこなう際は、お客様負担で振込手数料がかかります。

ビットポイント(BITPoint)の出金手数料(日本円)

ビットポイントでの日本円の出金手数料は、銀行振込で324円かかります。

各取引所の入出金手数料の比較

取引所 入金手数料 出金手数料
ビットポイント(BITPoint) 即時入金:無料
銀行振込:各金融機関による
銀行振込:324円
ビットフライヤー(bitFlyer) クイック入金:324円
銀行振込:各金融機関による
三井住友銀行
3万円未満:216円
3万円以上:432円
その他の銀行
3万円未満:540円
3万円以上:756円
ザイフ(Zaif) 銀行振込:各金融機関による 50万円未満:350円
50万円以上:756円
DMMビットコイン(DMM Bitcoin) クイック入金:無料
銀行振込:各金融機関による
無料
GMOコイン 即時入金:無料
銀行振込:各金融機関による
無料

 

ビットポイント(BITPoint)送金手数料(仮想通貨)

ビットポイント(BITPoint)では、送金にかかる手数料は無料です。
以下各取引所の送金手数料の比較になります。

取引所 ビットコイン/BTC ビットコインキャッシュ/BCH イーサリアム/ETH ライトコイン/LTC リップル/ZRP
ビットポイント(BITPoint) 無料 無料 無料 無料 無料
ビットフライヤー(bitFlyer) 0.0004 BTC 0.0002 BCH 0.005 ETH 0.001 LTC
ザイフ(Zaif) 0.0001BTC~ 0.001BCH 0.01ETH~
DMMビットコイン(DMM Bitcoin) 無料 無料 無料 無料 無料
GMOコイン 無料 無料 無料 無料  無料

ビットポイント(BITPoint)リップルの手数料はいくらですか?

ビットポイントでは、リップルの送金も基本的には手数料無料ですが、初めて受け取るアドレスには有効化費用として、受け取り側に「20XRP」かかります。
2回目以降の送金には手数料はかかりません。

ビットポイント(BITPoint)の手数料をスプレッドで確認する方法

ビットポイントでは、市場状況を見ることでスプレッドが簡単に確認できます。

買値−売値=スプレッドとなります。

ビットポイント(BITPoint)でのクレジットカードの手数料

ビットポイントでは、クレジットカードでの仮想通貨の購入は対応していません。

ビットポイント(BITPoint)での手数料の計算・出し方

仮想通貨には買値と売値の差があり、その差をスプレッドといいます。
その差額は手数料として仮想通貨取引所に入るため、見えない売買手数料とも呼ばれています。
ビットポイント(BITPoint)では基本的な計算式として
買値−売値=スプレッド
となり、差が広がれば広がるほど手数料は高くなります。
取引所や取引する仮想通貨によりスプレッドは違い、固定されているものや常時変動しているものと様々です。

こちらのビットコイン/日本円だと
(買値)1013000.00−(売値)986290.81=26,709円のスプレッドになっています。
スプレッドが少ないほど手数料として取られる金額は少なくなるので、ビットポイントのこの時の手数料は高いことが伺えます。
もちろんいつもこのぐらいのスプレッドが出ている訳ではなく、時間帯や取引が集中しているなどの要因によっても変動しているのです。

関連記事

コインエクスチェンジ(QUOINEX)法人口座開設・登録方法を解説!必要書類は?

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)とは?お買い得な買い方を徹底解説!特徴や今後...

ビットコイン・仮想通貨のマイニング方法とは?初心者にもわかりやすく徹底解説!

ビットフライヤー(bitFlyer)での売買方法・やり方を徹底解説!

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)のお得な買い方・購入方法を徹底...

コインチェック(coincheck)の手数料を徹底解説。手数料が高い!?