DMMビットコイン(DMMBitcoin)の信用取引について徹底解説!

仮想通貨が「初めての投資」である方は多いのではないでしょうか。ここではDMMビットコイン(DMMBitcoin)の「レバレッジ取引」や「信用取引」について解説していきます。

※このページでは既にDMMビットコイン(DMMBitcoin)の口座を開設した人を対象としています。
まだ口座開設していない人は以下のリンクより登録してから記事を読んでいただけるとより理解が深まります。

DMM Bitcoin 公式サイト

解説記事はこちら。

ビットコインなどの仮想通貨を購入するためには、取引所の登録が必要となります。 今回は、ローラさんのテレビCMでおなじみの「DMMビットコイン(...

信用取引とレバレッジ取引の違い

資金を借りて取引を行う方法を「信用取引」と言います。預けた資金に倍率をかけて取引を行う方法を「レバレッジ」と言います。

信用取引は資金やコインを取引所から借りるため、最終的には返済しなければいけません。一定期間内に返済することを条件とする取引所が多いです。

また、信用取引では「ポジション」を持つという言葉を使用します。信用取引で仮想通貨を買っていることを「ロング」と言い、空売りしていることを「ショート」と言います。

また、ポジションを持たないことを「フラット」と言います。空売りとは「売りから入る」手法を指します。

「高値で売って、底値で買い戻す」ことにより差益が発生します。売りで入る場合は「売るためのコインを取引所から借りる」ため、底値で買った際に「取引所に借りたコインを返す」必要があります。

レバレッジは預けている法定通貨に対して希望の倍率をかけることによって、元手資金が少額でも大きな買い物が出来るシステムになります。しかし、レバレッジにはロスカットが存在します。

ロスカットとは、レバレッジをかけているトレードにおいて、元手資金に対し、一定の割合以上の損失が発生した場合に作動します。損失を抑えるために「強制的に売る」というシステムが作動するため、意図していないところで売られるリスクがあります。

つまり、少ない資金で大きな買い物は出来ますが、その分大きなリスクを背負うことになるということです。

DMMビットコイン(DMMBitcoin)での信用取引のやり方・方法

①トレード口座をクリックします。

 

②クリックすると上記画面が表示されます。今回は購入方法をストリーミングに選択します。レバレッジ取引をするコインを選びましょう。

 

③今回はXRPを選択しました。購入したい数量を入力して下さい。入力数と必要な証拠金が表示されます。

 

④最後に購入するか、売却するかを選択します。また、保有しているコインを全て売却する際や、保有している法定通貨全額で購入する際は「一括決済」を使用すると便利です。

以上でストリーミングの売買方法は終了です。

指値注文

次に指値について説明します。

売買方法に指値を選択した際の表示画面になります。レバレッジで購入するコインを選択し数量を入力します。

 

選択後は、売るのか買うのかを選択し、注文のレートを入力します。現在のレートで入力しても構いませんが、買値であれば安い価格で指値(予約)しておくことも可能ですし、売値であれば高い価格で指値をしておくことが出来ます。

レートの入力が完了した後に、注文ボタンを押します。これで指値の取引は終了です。

逆指値注文

次に逆指値について説明します。

逆指値の場合は、買値を入力する場合はレート以上の価格に設定する必要があります。「これ以上の価格になった場合に購入する」という予約になりますので、指値との違いにご注意ください。

また、売値の場合は「これ以下の価格になった場合に売却する」という予約になりますので指値との違いを十分に理解した上で使用しましょう。

レートを入力後は、注文ボタンを押すと予約がされます。これで逆指値が終了です。

以上がDMMビットコイン(DMMBitcoin)での信用取引のやり方になります。

DMMビットコイン(DMMBitcoin)での信用取引の手数料

手数料は発生しません。ただし、スワップポイントは発生します。

スワップポイントとは建玉を翌取引日に繰り越した場合に発生する手数料です。買建玉、売建玉共に0,04%/日 の手数料が発生します。

DMMビットコイン(DMMBitcoin)での借りた通貨の返済・期間

レバレッジ取引であるため、証拠金がある限りは無制限になります。

Q&A:DMMビットコイン(DMMBitcoin)の信用取引ができない時の対処法

証拠金維持率が 80% を下回った場合、ロスカットが発生します。市場の流動性が高い場合、証拠金以上の損失が生じる場合があります。

証拠金がマイナスである場合、レバレッジ取引は再開出来ません。マイナス金額を早急に振り込むことでレバレッジ取り引きを再開させることが出来ます。

Q&A:DMMビットコイン(DMMBitcoin)の信用取引はスマホアプリでもできる?

スマホアプリでもレバレッジ取引は可能です。

Q&A:DMMビットコイン(DMMBitcoin)での信用取引の期間は?

レバレッジ取引であるため、証拠金がある限りは無制限になります。

関連記事

ビットコインの手数料を仮想通貨取引所別に徹底比較!

ザイフ(Zaif)のキャンペーンについて徹底解説!

ビットフライヤー(bitFlyer)のFacebook登録をおすすめしない理由!...

モネロ(Monero)とは?お得な買い方を徹底解説!特徴や今後の将来性も分析!

【超初心者向け】コインチェック(coincheck)の始め方(登録〜口座開設)を...

ビットポイント(BITPoint)の手数料(入金・出金・送金・取引)を徹底解説!...