ビットバンク(bitbank)の信用取引について徹底解説!

仮想通貨が「初めての投資」である方は多いのではないでしょうか。ここではビットバンク(bitbank)での「レバレッジ取引」や「信用取引」について解説していきます。

※このページでは既にビットバンク(bitbank)の口座を開設した人を対象としています。
まだ口座開設していない人は以下のリンクより登録してから記事を読んでいただけるとより理解が深まります。

ビットバンク(bitbank)公式サイト

解説記事はこちら。

現在どんどん成長している会社「ビットバンク(bitbank)」。 そんなビットバンク(bitbank)の登録方法を初心者でも分かりやすく解説し...

信用取引とレバレッジ取引の違い

資金を借りて取引を行う方法を「信用取引」と言います。預けた資金に倍率をかけて取引を行う方法を「レバレッジ」と言います。

信用取引は資金やコインを取引所から借りるため、最終的には返済しなければいけません。一定期間内に返済することを条件とする取引所が多いです。

また、信用取引では「ポジション」を持つという言葉を使用します。信用取引で仮想通貨を買っていることを「ロング」と言い、空売りしていることを「ショート」と言います。

また、ポジションを持たないことを「フラット」と言います。空売りとは「売りから入る」手法を指します。

「高値で売って、底値で買い戻す」ことにより差益が発生します。売りで入る場合は「売るためのコインを取引所から借りる」ため、底値で買った際に「取引所に借りたコインを返す」必要があります。

レバレッジは預けている法定通貨に対して希望の倍率をかけることによって、元手資金が少額でも大きな買い物が出来るシステムになります。しかし、レバレッジにはロスカットが存在します。

ロスカットとは、レバレッジをかけているトレードにおいて、元手資金に対し、一定の割合以上の損失が発生した場合に作動します。損失を抑えるために「強制的に売る」というシステムが作動するため、意図していないところで売られるリスクがあります。

つまり、少ない資金で大きな買い物は出来ますが、その分大きなリスクを背負うことになるということです。

ビットバンク(bitbank)での信用取引のやり方・方法

①ビットバンク(bitbank)でレバレッジ取引を行うためには「ビットバンクトレード(bitbankTrade)」への登録が必要です。新規登録か登録済の方はログインをクリックしましょう。

 

②入金が済んでいない方は入金を済ませて下さい。「BTC預入」を選択し、他取引所からビットバンクトレード(bitbankTrade)へBTCを送金しましょう。

入金の方法に関しては以下のURLより確認してください。

【超初心者向け】ビットバンク(bitbank)の入金方法(銀行振込)!オススメの入金方法を解説!

送金が済みましたら「BTCFXトレードをする」をクリックします。

③取引を開始する前に送金してきたBTCをFX口座へ振替し、証拠金とする必要があります。振替ボタンを押してください。

 

④振替ボタンを押すと上記画面が表示されます。振替指示は「現物口座→FX口座」を選択し、移動させるBTCの数量を入力します。

数量入力後は取引パスワードを入力し、振替予約をクリックします。これで取引が可能となります。

 

⑤取引をする前にツールの説明をします。赤枠で囲っている3つのタブの意味は、それぞれ最終的に決済される「日付」を意味します。

特に売買をせずに放置していた場合は、各日付の17時時点のレートで自動決済されます。上記画面で例えるのであれば、売買をしない場合「5月4日17時」に自動決済がされるということになります。

 

⑥次は取引の方法になります。指値を選択し、注文する価格を入力します。

ここでは「USD=アメリカドル」が発注単位になりますのでご注意願います。価格を入力しましたら「仮計算」をクリックしましょう。

 

⑦仮計算をクリックすると上記画面が表示されます。売買区分を選択し「注文する価格」と「決済をしようと考えている価格」を入力します。

価格を入力しましたら数量を入力して、仮計算をクリックします。クリックすると下の計算結果が自動的に反映されます。

ここで注意すべきポイントは数量です。最低発注数量は10枚になっています。

また、数量は1枚=100$と固定されていますので、例えば1BTCの価格が「10000$=100万」の時は、1BTCの購入に必要な枚数は「100枚」になります。

つまり、1BTCの価格が「12000$=120万」の時は1BTCの購入に必要な枚数は「120枚」になります。市場のBTCの価格によって1BTCの購入に必要な枚数が変わるということです。

意味が分からないという方は下記に「実際に計算した結果」を掲載しておりますのでご覧ください。

 

⑧この場合は、95万円(9.500USD)で購入し、100万円(10.000USD)で売却すると「0.05BTC」の利益があるという意味になります。「0.05BTC」は1BTC=100万円のレートで売却する仮計算をしているため、5万円になります。

 

⑨この計算では95万円でBTCを購入するために必要なBTC(証拠金)は「0.095BTC」になります。つまり、レバレッジの倍率は「10倍」となります。

ここでレバレッジの倍率設定はどのようにして行うのか?と疑問に思われた方もいらっしゃると思いますが、BTCの価格により自動的に倍率は変動しております

 

レバレッジの倍率は「1/(1btcあたり必要証拠BTC)」で自動設定されています。上記を参考にして頂ければと思います。

 

⑪仮計算でシュミレーションが終わりましたら、注文価格と数量を入力の上、取引パスワードを入力し、売買の注文をクリックします。これで指値の注文が完了となります。

次に「BBO」=「成行注文」についてご説明します。

 

⑫最後に「成行注文」についてご説明します。成行注文の場合は、現在のレートで全ての決済をしてくれるため、価格の入力は必要ありません。

数量を入力すると、自動的に必要BTC数量と手数料が反映されますので、取引パスワードを入力し、売買注文をクリックして下さい。これで売買は完了です。

初心者の方には「BBO」=「成行注文」をお勧めします。

 

ビットバンク(bitbank)での信用取引の手数料

手数料は、新規注文に対し0.01%(税抜)が発生します。また、利益を確定させた時にキャピタルゲインフィー(決済損失積立金)として0.2%の手数料が発生します。

キャピタルゲインフィー(決済損失積立金)とはユーザーがロスカットにより証拠金以上の損失が生じた場合に、ビットバンク(bitbank)がその金額を保障してくれるサービスになります。

また、ビットバンクトレード(bitbankTrade)には、スワップポイント(借入手数料)がありません。つまり、ポジションを持ち続けても毎日維持手数料を支払う必要がないということです。

ビットバンク(bitbank)での借りた通貨の返済・期間

レバレッジ取引になるため、返済期間はありません。ただし、毎週金曜日16:50に新規注文受付が停止され、16:55にそれまでに約定しなかった注文(一部未約定分も含みます)は全てキャンセルされるためご注意願います。

Q&A:ビットバンク(bitbank)の信用取引ができない時の対処法

証拠金の維持率が20%を下回った場合、ロスカットが発生します。万が一、証拠金以上の損失が出た場合は、ビットバンク(bitbank)がキャピタルゲインフィー(決済損失積立金)にて保証してくれるため、ユーザーは証拠BTC以上の損失を負担する必要はありません。

その場合、再度証拠金の補充をすれば、レバレッジ取引を再開することが可能ですのでご安心ください。

Q&A:ビットバンク(bitbank)の信用取引はスマホアプリでもできる?

公式スマホアプリは発売していません。ただし、スマホからPC画面にてトレードをすることは可能です。

Q&A:ビットバンク(bitbank)での信用取引の期間は?

レバレッジ取引のみ可能なため、証拠金の維持率が不足しロスカットにならない限りは無制限になります。ただし、毎週金曜日16:50に新規注文受付が停止され、16:55にそれまでに約定しなかった注文(一部未約定分も含みます)は全てキャンセルされるためご注意願います。

関連記事

モナコイン(Monacoin)とは?仮想通貨・アルトコイン初心者にも分かりやすく...

ビットポイント(BITPoint)の登録・口座開設方法を徹底解説!

GMOコインのキャンペーンを徹底解説!

ビットバンク(bitbank)にログイン方法を徹底解説!ログインできない時の対処...

ザイフ(Zaif)のメールが届かない時の対処法を徹底解説!通知設定の変更方法も紹...

Augur(オーガー/REP)とは?お得な買い方を徹底解説!特徴や今後の将来性も...