【超初心者向け】ザイフ(Zaif)の売買を徹底解説!手数料やアプリでの売買方法も紹介!

今回はザイフ(Zaif)の売買方法・やり方をわかりやすく説明したいと思います!
ザイフ(Zaif)での売買の手数料や、アプリでの売買方法など様々な疑問について解説していきます!ぜひ参考にしてみてください。

※このページでは既にザイフ(Zaif)の口座を開設した人を対象としています。
まだ口座開設していない人は以下のリンクより登録してから記事を読んでいただけるとより理解が深まります。

ザイフ(Zaif) 公式サイト

解説記事はこちら。
超初心者向け】ザイフ(Zaif)の登録〜口座開設の方法をどこよりもわかりやすく解説

ザイフ(Zaif)での売買のやり方・方法

ここから売買する方法を説明していきます。

ザイフ(Zaif)の取引画面の説明


まず画面全体の説明をしていきます。

チャート:
各通貨のチャートです。「JPY/BTC」の部分をクリックすると他の通貨ペアのチャートを見ることができます。

注文フォーム:
実際に注文を入力するフォームです。買いと売りがタブで切り変えられます。

板情報:
リアルタイム更新で動いています。

注文履歴:
現在注文中の取引及び過去の取引履歴が表示されます。「注文と履歴」をクリックすると表示されます。

それでは実際にビットコイン・仮想通貨を購入する手順を説明していきます。


ログイン後、赤枠内左上から買いたい仮想通貨を選択してください。
ここではビットコイン・円取引(BTC/JPY)をクリックします。

指値注文でビットコイン・仮想通貨を買う

ザイフ(Zaif)の板取引では、それぞれ「指値注文」、「成行注文」という2種類の注文方法があります。それぞれの方法を説明していきます。 まずは指値注文の方法を説明します。


①「1BTCの価格」に自分が購入したいビットコインの価格を記入してください。
例えばここに「100,000」と入力すれば1BTC=100,000円になったときに購入されます。

②「買いたい量」を入力してください。

1BTCの価格×自分が買いたい数量=投資金額

となります。計算ミスのないように気をつけましょう。

③使用残高とは自分の口座にあるJPYの残高から100%、50%、30%、10%のうちどれか一つを選んで購入資金に当てることができる機能です。
特に希望がなければ「使用残高」のまま変更しなくて大丈夫です。

④「リミット売り」とは設定した価格よりも高くなったら自動で売ってくれる機能です。
こちらも一旦何も入力しなくて構いません。

全て確認したら、「買い注文」をクリックして注文完了です。

成行注文でビットコイン・仮想通貨を買う

続いて成行注文でのビットコイン・仮想通貨の買い方を説明します。


①注文フォームの「成行」を選択してください。
②「買いたい量」で希望数量を入力してください。
③希望数量を入力すると「概算約定代金」が表示されます。こちら「1BTCの価格」×「買いたい量」で計算されます。最終的な購入金額となりますので、必ず確認してください。
④金額・数量を確認後「買い注文」をクリックし注文完了です。

その他詳しいザイフ(Zaif)でのビットコイン・仮想通貨の売買方法に関しては、下記をご参考下さい。

ザイフ(Zaif)でのビットコイン・仮想通貨の買い方(購入方法)を徹底解説!

ザイフ(Zaif)アプリでの売買の仕方

ザイフ(Zaif)アプリには以下のように、「取引所」での売買と「簡単売買」という二つの機能で売買を行うことが可能です。「簡単売買」は販売所での取引と同義です。

赤枠のZaifアイコンから選択可能です。

取引所では、主要通貨である、BTC・XEM・MONA・BCH・ETHの売買が可能です。下記の画面のように指値注文であれば、価格を入力し、数量を入力しましょう。

簡単売買の場合、BTCとMONAの取引が可能です。簡単売買では購入者や販売者を待つ必要がないので、すぐに約定するのが特徴です。

ザイフ(Zaif)での売買レートの見方

販売所の売買レートは「簡単売買」で確認することができます。

赤枠で囲われている箇所が売買レートです。販売所では簡単にビットコインを売買できるかわりに、レートに大きい開きがあるのを確認することができます。

取引所の売買レートは「注文板」を確認しましょう。ザイフ(Zaif)ページの上部にある「取引」から確認することが出来ます。

購入する際は、売りに出されている値段を確認する必要があるので、「売り気配」を、売却する際は買ってくれる値段を確認しなければならないので、「買い気配」をそれぞれ確認しましょう。

ザイフ(Zaif)での売買のタイミング

販売所取引である「簡単売買」は、レートの開きが大きいので、売買のタイミングを細かく見極めるのであれば、取引所の売買がオススメです。

取引所で売買をする際は、上記のように「注文板」を確認しましょう。例えば上の図の場合、最も安く売りに出されているビットコインが1,048,495円という事です。つまり、すぐにはこの価格より安く買うことが出来ません。自分が買いたい価格になるまで待つか、「指値」を出すことでタイミングを計ることが出来ます。

ザイフ(Zaif)の売買手数料

ザイフ(Zaif)の売買手数料については、下記ページに詳しく書かれていますので、ご参考下さい。

ザイフ(Zaif)の手数料(販売所・取引所・出金・入金・送金)を徹底解説!

ザイフ(Zaif)での売買の差額はどれくらい?

先程の画像を用いて説明します。下記は「販売所」の価格です。

続いて取引所の価格は…

  • 売却価格

販売所:1BTC=986,104
取引所:1BTC=1,048,020

  • 購入価格

販売所:1BTC=1,109,832
取引所:1BTC=1,048,495

このように、取引所の方が売買レートの開きが小さいのがわかります。つまり、安く買うことができ、高く売ることが出来ます。

ザイフ(Zaif)の売買にタイムラグがある場合の対処法

ザイフ(Zaif)に限らず、多くの仮想通貨取引所では、成行注文の場合、タイムラグが発生する可能性があります。つまり、取引価格からやや不利な価格で約定する可能性があるということです。これをスリッページといいます。

スリッページは、指値注文をすることで回避することが出来ます。指値注文をする際は、注文板を見て、いくらなら確実に注文が通るのか確認しましょう。

ザイフ(Zaif)での売買可能な取引時間

ザイフ(Zaif)は基本的に24時間365日売買可能です。仮想通貨のマーケット自体が24時間365日動いているため、それに対応している形です。ただし、サーバーのトラブルなどがあった際は売買が出来なくなる可能性があるので、公式からの発表には気をつけるようにしましょう。

Q&A:ザイフ(Zaif)では本人確認無しで売買することは可能ですか?

ザイフ(Zaif)では基本的に本人確認無しで売買をすることは出来ません。これはセキュリティ上の問題で、あなたの資産を守るためでもあります。

Q&A:ザイフ(Zaif)で売買に利益が出たら税金はどれくらいかかりますか?

ザイフ(Zaif)に限らず、仮想通貨の売買で得た利益は雑所得になり、確定申告が必要になる可能性があります。下記ページに詳しく書かれているので、ご参考下さい。

ビットコイン・仮想通貨の税金(確定申告〜節税対策)までを徹底解説!【超初心者向け】

関連記事

コインチェック(coincheck)のチャートの見方を徹底解説!設定方法やアプリ...

ビットバンク(bitbank)二段階認証登録、やり方解説!通らない時は?機種変更...

【随時更新】BITPoint(ビットポイント)のキャンペーンについて徹底解説!

ビットフライヤー(bitFlyer)でのビットコイン・仮想通貨送金方法を解説!手...

【ビットコイン・仮想通貨】指値注文・成行注文とは?メリット・デメリットを初心者に...

ビットポイント(BITPoint)のメールが来ない・届かない・遅い時の対処法&メ...