【初心者でも簡単】コインチェック(coincheck)の入金方法(銀行振込・コンビニ)

今回はコインチェック(coincheck)の入金方法に関して説明していきます。
コインチェック(coincheck)には銀行振込・コンビニなど複数の入金方法があるので各入金方法の手数料や反映時間などを詳しく解説していきます。
また、初心者におすすめの入金方法もまとめているので参考にしてみて下さい。

※このページでは既にコインチェック(coincheck)の口座を解説した人を対象としています。
まだ口座開設していない人は以下のリンクより口座開設してから記事を読んでいただけるとより理解が深まります。

coincheck(コインチェック) 公式サイト

解説記事はこちら。

今回は仮想通貨取引所のコインチェック(coincheck)の始め方(登録〜口座開設方法)を画像を使いながら解説していきます。 仮想通貨を始める...

Index

コインチェック(coincheck)の入金方法

以下にコインチェック(coincheck)の入金方法を記載します。
順に一つづつ解説していきます。

①銀行振込
②コンビニ入金
③クイック入金
④USドル入金
⑤番外編:クレジットカードでビットコインを直接購入する

入金方法①銀行振込

銀行振込は最もローコストで初心者の方に一番オススメです。

銀行振込のメリット:手数料が最も安い

コインチェック(coincheck)が窓口として提携している銀行は「りそな銀行」「住信SBIネット銀行」の2行です。
従い手数料を抑えるためにはこの2行から振り込むのが最もコストパフォーマンスが良いと言えます。
※もちろん他の銀行からでも振込可能です。

りそな銀行の振り込み手数料

同一支店宛かつカード利用であれば無料で振込できます。

手数料項目 手数料
ATM 同一支店あて カード 個人 無料
法人・個人事業主 ※1 108円
現金 すべてのお客さま 324円
りそなグループ本支店および関西アーバン銀行・みなと銀行あて カード 個人 108円
法人・個人事業主 ※1 216円
現金 すべてのお客さま 324円

出典:りそな銀行 手数料情報

住友SBI銀行の振り込み手数料

こちらも同一支店宛かつカード利用であれば無料で振込できます。
また全体的にりそな銀行と比較して安いのでおすすめです。

個人のお客さま
法人のお客さま
住信SBIネット銀行の口座あて
0円
51円(税込)
他の金融機関あて
ランクに応じて月15回まで無料
回数超過分は1回154円(税込)
振込金額3万円未満 165円(税込)
振込金額3万円以上 258円(税込)
組戻手数料
864円(税込)
864円(税込)


出典:住信SBIネット銀行 手数料 – 振込・振替

銀行振込のデメリット:時間がかかる

コインチェック(coincheck)の銀行振込の流れとしては

①ユーザーが入金
②銀行側で振込作業を実施
②コインチェック(coincheck)側で入金確認を実施

となっています。
銀行振込ですと、例えば営業時間外に銀行から振込手続きを行うと、翌営業日まで入金を待たなければならないので時間がかかってしまいます。
また、コインチェック(coincheck)側での反映に時間がかかります。
例えば土曜日の午前中に入金したとしても、コインチェック(coincheck)側の対応は
月曜になります。コインチェック(coincheck)側での確認時間も考慮すると、入金が反映されるのは月曜日の午後になる可能性が高いです

※住信SBIネット銀行は同行宛の振込に関してのみ原則24時間365日リアルタイムで振込が完了するので利便性は高いと言えますが、コインチェック(coincheck)側が土日対応をしていないため、どちらにせよ翌営業日の対応となります。

ただ、初心者の方はあまり気にしなくてもいい話だと思いますし、こういった事態を避けたいのであれば予め口座にまとまった金額を振り込んで日本円を保有しておくのが、取引したいときにすぐ取引を行えるのでおすすめです。

銀行振込してから入金が反映する時間

以下にポイントをまとめました。

・ほとんどの銀行が数時間〜1日程度かかる。
・住信SBIネット銀行は10分程度で処理される事が多い。
・銀行側での処理+コインチェック(coincheck)側での処理なので、振込が営業時間外(早朝・深夜・土日祝日)の場合、銀行側で処理が終わってもコインチェック(coincheck)側の対応が翌営業日になる。
・早い反映を望む場合は「平日の営業時間内に入金する」のがよい。

 公式サイトで入金する

入金方法②コンビニ入金

コインチェック(coincheck)はコンビニからも入金可能です。メリット・デメリットを整理してみましょう。

コンビニ入金のメリット

・24時間いつでも入金が可能なので急いで入金したいときに最適。

コンビニ入金のデメリット

手数料が銀行振込と比較して割高。

3万円未満→756円
3万円~299,500円→1,000円

・一回の振込条件金額が299,500円までと決まっており、大きい額の取引には向いていない。
・7日間は入金額の半額相当しか他の取引所に移動できない制限がある。

振込可能なコンビニ系列一覧

・ローソン
・ミニストップ
・セイコーマート
・ファミリーマート
※セブンイレブンは対応していません。

コンビニに入金してから反映する時間

基本的にはコンビニで会計後すぐ反映されます。筆者の場合は5分ほどで反映されました。

コンビニ入金の注意点

コンビニ入金を利用する際には事前にSMS(電話番号)認証と本人確認認証を行う必要があります。
登録方法は以下のリンクを参考にしてください。

今回は仮想通貨取引所のコインチェック(coincheck)の始め方(登録〜口座開設方法)を画像を使いながら解説していきます。 仮想通貨を始める...

 公式サイトで入金する

入金方法③クイック入金

コインチェック(coincheck)はペイジーを使ったクイック入金も対応しています。
「ペイジー対応ATM」or「ペイジー対応インターネットバンキング」から入金できます。
また入金限度額がないため、コンビニ入金よりも使い勝手がよいのも特徴です。

クイック入金のメリット

・指定の銀行から24時間いつでも入金することができる。
・入金限度額がないので大口の入金にも対応している。
・インターネットで完結するためわざわざ銀行やコンビニに行く必要がない。

クイック入金のデメリット

・事前にインターネットバンキングに登録する必要がある。
・クイック入金で入金した分は7日間出金/送金できない。
・手数料が高い。

■手数料
3万円未満→756円
3万円~299,500円→1,000円
50万円以上→入金金額×0.108% +486 円

ペイジー対応金融機関

みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行他
※詳しくは公式サイトをご確認ください。

ペイジー公式サイト

入金方法④USドル入金

コインチェック(coincheck)では、海外からUSドルを銀行振込で入金することが可能です。
USドルは入金時の為替レートに合わせて日本円に換算されます。
ただ、「手数料が25USドルで割高」かつ「入金から反映まで3日程度かかる」ため、国内在住者はあまり使用頻度は高くないと思います。

番外編:クレジットカードでビットコインを直接購入する

クレジットカードで決済するとコインチェック(coincheck)に「入金」せず、ビットコインを直接購入できます。ただ手数料が割高になるため、あまり使用頻度は高くないほうがよいです。

クレジットカード決済のメリット

・クレジットカードがあれば、アプリから購入することができる。
・5,000円から決済できる。

クレジットカード決済のデメリット

・販売所の価格にクレジットカードの利用料が乗るため、手数料が割高になる。

Q&A① コインチェック(coincheck)の入金反映にかかる時間は?

振込方法 反映にかかる時間
銀行振込 数時間〜1日
コンビニ入金 即時反映
クイック入金 即時反映
USドル入金 3日程度

Q&A① コインチェック(coincheck)に土日・年末年始で入金する方法は?

クイック入金とコンビニ入金では24時間365日いつでも入金に対応していて、基本的にすぐ反映されるのでオススメです。

Q&A② コインチェック(coincheck)の入金反映時間が遅い時の対処法は?

銀行振込の場合、入金反映時間が遅くなることがあります。一度に多くの金額を入金したり他のユーザーも入金していたりすると反映が遅くなることがあります。
すぐに取引をおこないたいのであればクイック入金・コンビニ入金を使うのがおすすめです。

Q&A③ コインチェック(coincheck)の入金が反映されないのだけれど?

Q&A①で説明した入金方法毎の反映時間を過ぎても反映されない場合は、コインチェック(coincheck)に問い合わせしてみましょう。

お問い合わせ

Q&A④ 住信SBIネット銀行でコインチェックに入金する際のIDってなに?

住信SBIネット銀行で入金する際6ケタの数字のユーザーIDと名前を振込名義にします。
ユーザーIDは決まっているものなので、コインチェック(coincheck)の入金ページで確認してください。

例:110000 住信 太郎

Q&A⑤ コインチェック(coincheck)にゆうちょ銀行で入金できる?

できます。しかしゆうちょ銀行の場合、現金振込ができません。
一度通帳に入金して、通帳から振り込むのという形になります。

 入金額 キャッシュカード手数料
入金5万円未満 80円
入金5万円以上 290円

Q&A⑥ コインチェック(coincheck)入金額上限は?

コインチェック(coincheck)のアカウントに登録、電話番号登録、SMS認証が完了すると、50,000円まで入金できるようになります。
本人確認終了後、入金額は無制限となります。ただしコンビニ入金では一回の入金額が299,500円までとなっています。ただ1日の入金金額の上限はありませんので、上限額以上に入金したい場合は複数回にわけて入金してください。

Q&A⑦ コインチェック(coincheck)の入金でおすすめは?

コインチェック(coincheck)の入金方法のおすすめを以下にまとめます。是非参考にしてみて下さい!

・手数料を考慮するとメインは銀行振込。特にりそな銀行か住信SBIネット銀行口座から入金すると手数料が安い。
・急いで入金する際はペイジーorコンビニ入金。
・USドルからの入金やクレジットカード決済は手数料が高いため、できれば使わない。

coincheck(コインチェック) 公式サイト

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビットバンク(bitbank)のチャートの見方・設定変更方法を徹底解説!

コインエクスチェンジ(QUOINEX)法人口座開設・登録方法を解説!必要書類は?

ザイフ(Zaif)のチャートの見方・設定変更方法を徹底解説!

【超初心者向け】ビットポイント(BITPoint)の送金方法・送金手数料・キャン...

【超初心者向け】bitFlyer(ビットフライヤー)の登録〜口座開設方法をどこよ...

コインエクスチェンジ(QUOINEX)の手数料(販売所・取引所・出金・入金・送金...