ビットポイント(BITPoint)ビットコイン、仮想通貨の買い方・購入方法・仕方を徹底解説!

今回はビットポイント(BITPoint)においてビットコインなどの仮想通貨の買い方・購入方法・仕方を余すところなく解説していきます。まだビットポイント(BITPoint)に登録していないという方は、以下のリンクから簡単に登録できます。今からでも遅くないので、これからという方はぜひ登録して仮想通貨取引を始めましょう。

※このページでは既にビットポイント(BITPoint)の口座を開設した人を対象としています。
まだ口座開設していない人は以下のリンクより登録してから記事を読んでいただけるとより理解が深まります。

BITPoint(ビットポイント) 公式サイト

解説記事はこちら。
ビットポイント(BITPoint)の登録・口座開設方法を徹底解説!

 販売所と取引所の違い

仮想通貨取引所には、販売所と取引所があります。どちらも仮想通貨の取引を行う場所ですが、売り手・買い手のシステムが少し違います。

・販売所とは、ビットポイント(BITPoint)との仮想通貨取引
・取引所とは、ユーザー同士の直接取引

販売所は、ビットポイント(BITPoint)などの仮想通貨取引所とのやりとりなので、買いたい時に買えるというメリットがある一方、ビットポイント(BITPoint)が仲介しているので手数料が高いというデメリットがあります。

取引所とは、ユーザー同士が仮想通貨の取引を行うところであり、オークション形式で取引が行われます。ですのでなかなか取引が成立しないこともあるのがデメリットですね。
一方、販売所と違い仲介を挟まないので、手数料が少し安くなるというメリットがあります。

詳しくはこちら。
取引所と販売所の違いとオススメ取引方法を徹底解説(ビットコイン・仮想通貨超初心者向け)

販売所・取引所それぞれで購入できる仮想通貨一覧

ビットポイント(BITPoint)には、販売所はなく、取引所のみになります。
取引所で取引できる仮想通貨は以下の通りです。

・ビットコイン(BTC)/円
・ビットコイン(BTC)/米ドル
・ビットコイン(BTC)/ユーロ
・ビットコイン(BTC)/香港ドル
・ビットコインキャッシュ(BCH)/円
・イーサリアム(ETH)/円
・ライトコイン(LTC)/円
・リップル(XRP)/円

ビットポイント(BITPoint)でのビットコイン・仮想通貨購入の流れ

ビットポイント(BITPoint)での仮想通貨購入の流れを以下に説明していきます。

まずホームのメニューバーを開きます。

仮想通貨取引をクリックします。

購入する仮想通貨を選びましょう。

ストリーミング・シングル・逆数値の3つの中から購入方法を決めます。

注文内容に必要事項を記入していきましょう。

注文をクリックして購入します。

ビットコイン・仮想通貨の購入方法の種類とオススメの買い方(ビットポイント(BITPoint))

ビットポイント(BITPoint)には、3種類の購入方法があるので一つ一つ説明していきます。

  • シングル

シングル注文とは数量(指値のときは価格も)入力し注文する方法です。
最もシンプルな注文方法で、初心者の方におすすめです。

購入方法のシングルをクリックします。

通貨ペア・売買を決め、価格のところの「成行」か「指値」(指値は数字も入力)を選択し、数量を決めましょう。
(成行は現在の価格を即決で購入、指値は自分が提示した価格で購入成立するまで待機します)

取引暗証番号を入力し、注文をクリックし完了します。

  • ストリーミング

ストリーミングとは自分の買いたいタイミングで注文する方法です。価格が下がっているときなど「このタイミングで買いたい!」という時に適した注文方法です。

購入方法のストリーミングをクリックします。

シングルと同じように入力し、最後に注文を確定する時に売買を決めます。
直接現在のレートがストリーミングで表示されているので、成行で売買する際は便利です。

  • 逆指値

逆指値は自分が指定した価格になると自動で注文をしてくれる購入方法です。
例えば1BTC=100万円で購入し、逆指値で1BTC=90万円の注文を入れておくと、1BTC=90万円になった瞬間に自動的に取引されます。リスクを回避するのに適した注文方法といえます。

購入方法の逆指値をクリックします。

入力事項はほとんどシングルと同じですが、逆指値条件価格を設定します。

入力し終わったら、注文をクリックしましょう。

取引方法に関しましては、

・板を見ながらスタンダードに取引したい時は「シンプル」、
・短時間の取引や成行注文を行う時は「ストリーミング」、
・あらかじめ価格の相場を読み、リスクヘッジをしたいときは「逆指値」

といった形でそれぞれの特徴に合う方法で注文することをおすすめします。

クレジットカードでのビットコイン・仮想通貨購入方法(ビットポイント(BITPoint))

ビットポイント(BITPoint)では、クレジットカードは取り扱っていません。

ビットポイント(BITPoint)でビットコイン・仮想通貨を購入する際の手数料

ビットポイント(BITPoint)では、ビットコイン・仮想通貨を購入する際には手数料はかかりません。

詳しくはこちらから
ビットポイント(BITPoint)の手数料(入金・出金・送金・取引)を徹底解説!【初心者向け】

ビットポイント(BITPoint)でのチャートの見方

ビットポイント(BITPoint)では、以下のようなチャートがあります。

BTC/JPY 仲直 日足 ローソク足

このようなチャートになっており、透明な長方形の形と塗りつぶされた長方形で構成されていて、ローソク足と呼ばれるチャートです。
透明な長方形のものを「陽線」といい、始値が終値を上回っていることから価格が上昇していることを示しています。塗りつぶされた長方形を「陰線」といい、始値が終値を下回っていることから価格が下落したことを示しています。

Q&A:ビットポイント(BITPoint)で購入するタイミングは?

どこの仮想通貨取引所でも同じですが、過去のチャートや現在のチャートを分析して、価格が上がりそうな時に買うのがポイントです。
また過去と比べて、価格が下がっている時も購入するポイントです。

Q&A:ビットポイント(BITPoint)でリップルは購入できる?

ビットポイントでは、リップル(XRP)というアルトコインも取り扱っています。

リップル(XRP)について詳しい情報はこちらをご覧ください。
リップルとは?仮想通貨・アルトコイン初心者にも分かりやすく特徴を徹底解説!

Q&A:ビットポイント(BITPoint)で購入できる数量は?

ビットポイント(BITPoint)では、指値注文には上限値が設定されていませんが、成行注文を行う際に1注文あたりの上限が決められています。
上限値は仮想通貨によって違います。

・ビットコイン(BTC) : 30BTC
・ビットコインキャッシュ(BCH) : 20BCH
・イーサリアム(ETH) : 100ETH
・ライトコイン(LTC) : 500LTC
・リップル(XRP) : 30,000XRP

上記の上限がビットポイント(BITPoint)では決められています。

Q&A:ビットポイント(BITPoint)で購入できない時は?

仮想通貨が購入できない時は、以下の確認をしましょう。

・日本円がちゃんと入金されているか
銀行振込が反映されるまでに時間がかかっている可能性もあります。ちゃんと入金されているか確認しましょう。

・指値注文したものが指値価格以下になっているか
指値、逆指値で注文した際は、設定価格以下になっていないと注文が確約されません。

確認しても注文ができない場合は、ビットポイント(BITPoint)公式カスタマーセンターにお問い合わせしましょう。

ビットポイント(BITPoint)公式サイト カスタマーセンター

Q&A:ビットポイント(BITPoint)で本人確認無しで購入できる?

ビットポイント(BITPoint)では、口座開設する時に本人確認が必要です。
なので、購入するときまでには一度本人確認が必要になってきます。

登録はこちらから

BITPoint(ビットポイント) 公式サイト

解説記事はこちら。
ビットポイント(BITPoint)の登録・口座開設方法を徹底解説!

関連記事

フィスココイン(FiscoCoin)とは?お得な買い方を徹底解説!特徴や今後の将...

ビットバンク(bitbank)の信用取引について徹底解説!

bitFlyer(ビットフライヤー)のパスワードを忘れた…!再設定・変更方法の手...

ビットバンク(bitbank)のレバレッジ取引方法を徹底解説!振替のやり方や手数...

コインチェック(coincheck)での取引には住信SBIネット銀行がオススメ!...

ビットフライヤー(bitFlyer)ログイン方法・やり方を解説!ログイン出来ない...