ETC(イーサリアムクラシック)のお得な買い方を徹底解説!特徴や今後の将来性も分析!

国内大手取引所であるbitflyer(ビットフライヤー)とDMMビットコイン(DMM Bitcoin)に上場されているETC(イーサリアムクラシック)。

今回はETC(イーサリアムクラシック)について、特徴や将来性、買い方について解説していきたいと思います。

ETC(イーサリアムクラシック)を一番安く買える取引所はここ!

国内大手取引所では、ETC(イーサリアムクラシック)を購入出来るのはbitflyer(ビットフライヤー)とDMMビットコイン(DMM Bitcoin)になります。しかし、DMMビットコイン(DMM Bitcoin)はレバレッジ取引しか出来ないため、bitflyer(ビットフライヤー)がお勧めの取引所になります。

ビットフライヤー(bitFlyer) 公式サイト

ETC(イーサリアムクラシック)の手数料一覧

ETC(イーサリアムクラシック)を取り扱っている国内取引所は下記の2カ所になります。

・ビットフライヤー(bitFlyer)
・DMMビットコイン(DMM Bitcoin)※レバレッジ取引のみ

仮想通貨取引所 販売所or取引所 手数料
ビットフライヤー(bitFlyer) 販売所 0.01%~0.15%
DMMビットコイン(DMM Bitcoin) 取引所 無料
※レバレッジ取引のみ

国内で購入するのであればビットフライヤー(bitFlyer)に限ります。

 

ETC(イーサリアムクラシック)の買い方・購入方法

①まず始めにログイン後、「アルトコイン販売所」をクリックします。

 

②次に「ETC(イーサリアムクラシック)」を選択します。

 

③選択すると取引画面が表示されます。売買したい数量を入力してください。

 

④数量を入力すると日本円参考総額が自動的に反映されます。日本円参考総額は買値と売値の中間価格と数量を掛け合わせた合計値になります。

上記内容に間違いがない場合は購入したい方は「コインを買う」、売却したい方は「コインを売る」を押してください。

以上で売買が完了です。ご覧になって頂くと「買値と売値の価格が違う」ことが分かります。

これはスプレッドと言い、差額はビットフライヤー(bitFlyer)の利益になります。販売所形式での売買は板取引と違い、大きく価格が上昇しないと利益が出せません。

売買方法は簡単ですが、この点だけは認識しておきましょう。

ETC(イーサリアムクラシック)の最近の値動き(高騰の理由)

上記画面はETC(イーサリアムクラシック)とBTC(ビットコイン)の年始からの日足チャートになります。ETC(イーサリアムクラシック)は2018年1月14日に5.650円の最高値を付けてから、同年の4月1日~10日にかけて1.400円付近を底値とし、5月9日現在は2.500~3.000円付近を推移しております。

上記チャートを比較すると「BTC」のチャートに類似していることが一目で分かります。仮想通貨市場は基本的に「BTCの価格の推移」が「市場の推移」となっています。

例外的にイベントが控えていたり、BTCの価格が急騰しすぎてアルトコインに資金が流入してくるケースはありますが、現在の市場変動はBTCに依存しています。

ETC(イーサリアムクラシック)はBTCと比較すると、上昇率が優れていることが確認出来ます。その一因として、5月24日にハードフォークが控えていることが考えられます。

BTCは底値より約1.5倍の価格帯で推移していますが、一方のETC(イーサリアムクラシック)は底値より約2倍の価格帯を推移しています。

このことより、ETC(イーサリアムクラシック)の高騰は「BTCを中心として市場全体へ資金が流入してきた」ことが理由と言えます。また、イベントが控えているため短期的ではありますがETC(イーサリアムクラシック)のパフォーマンス力は高いことが証明出来ます。

ETC(イーサリアムクラシック)の特徴①

ETC(イーサリアムクラシック)の誕生には秘話があります。それはThe DAO事件と呼ばれるハッキング事件が発生し、その解決方法を巡って対立したことでETC(イーサリアムクラシック)は誕生したということです。

「DAO」とは(Decentralized Autonomous Organization)の略語です。「非中央集権」で「自律型の組織」を意味しており、管理者やルールがなくても事業の自律化が出来る仕組みを指します。

「The DAO」とはドイツの「Slock.it」という会社が始めたプロジェクトを指します。プロジェクト内容は「自律分散組織による投資ファンド」の設立です。

具体的には、参加者の投票結果によって投資先を決定し、報酬が発生した場合は投資額に応じて参加者に分配されるというシステムです。

つまり、資金を集める企業があって、その企業が投資先を決めて報酬を資金提供者に分配すると言う「既存のシステムを根本的に変えるシステム」が提案されたということです。

そのプロジェクトの資金調達にはイーサリアムの「スマートコントラクト」が使用されていました。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上に条件付きの契約を埋め込み、その条件を満たせば自動的に契約が結ばれるというシステムになります。

The DAOのICOに参加したい人は、プロジェクト元にETH(イーサリアム)を送金し、The DAOトークンを入手するという取引が行われていました。その結果150億円に相当するETH(イーサリアム)を調達することが出来ました。

The DAOの機能には「報酬分配の送金機能」と「Split機能」が搭載されていました。「報酬分配の送金機能」とは運用報酬を、参加者の提供資金に応じて分配する機能です。

「Split機能」とは投資先の投票結果に納得がいかなかった場合、提供していた資金をDAOから切り離して新しいDAOを作成することが出来る機能です。

これらの仕組みを揃えていた「The DAO」にハッキングが発生します。これを「THE DAO事件」と呼んでいます。

事件発生の理由は「報酬分配の送金機能」の異常です。通常1回の報酬送金の要求に対し、報酬の分配は1回しか行われませんが、プログラムに異常が発生し、報酬の分配が何度も出来る状態になりました。

これを利用し「Split機能」を使用することで「The DAO」のICO参加者から集められたETH(イーサリアム)を、報酬の分配機能に基づき、自らの「新しいDAO」で無制限に受け取れる事態が発生しました。

これにより、ICOで集められた150億円分のETHのうち、1/3に相当する「360万ETH」が盗難されました。

しかし、Split機能を使用し新しいDAOへ送金した際は、移動したコインは「27日間そのアドレスからは移動させられない」機能が備わっていました。

これらの一連の流れによって、27日間で最適な「解決方法」を見出すことがイーサリアムには必要となりました。解決方法には多数決が用いられ、コミュニティの投票結果によりソフトフォークかハードフォークを実施することになりました。

結果的にはハッキングされた事実を消すことが出来る「ハードフォーク」が選択されました。これにより盗難されたETH(イーサリアム)は事実上、保有者の手元に戻される結果となりました。

しかし、一方でソフトフォークを推奨していた少数派の人々はその結果に納得できずハードフォーク前のチェーンを使い続けました。

その結果、ETC(イーサリアムクラシック)が開発されました。つまり、The DAO事件の解決方法に難色を示した少数派の人々が、ブロックチェーンの利点である「改ざんが出来ない」というルールを徹底して守った結果、ETC(イーサリアムクラシック)は開発されたということです。

これはETC(イーサリアムクラシック)のメインである特徴になります。

ETC(イーサリアムクラシック)の特徴②

上記の誕生秘話より分かりますが、イーサリアムクラシックは「非中央集権的な性質が非常に強い仮想通貨」です。

分散型プロトコルの意義を徹底的に守り「Code is Law」の姿勢を貫き通すプロジェクトです。

ETC(イーサリアムクラシック)の特徴③

ETH(イーサリアム)と比較し、利用者が少ないこともありトランザクション(送金)の詰まりが生じにくいです。そのため、送金手数料も安く、着金までに時間がかからない優秀な仮想通貨となっています。

ETC(イーサリアムクラシック)の今後の展望・将来性

ETC(イーサリアムクラシック)は非中央集権の考え方に基づき、進展していくこと変わらないと思います。また、今後のユーザーの増加に備え、サイドチェーンにも注力しています。

ETH(イーサリアム)と根本的なシステムは同じではありますが、直近では5月24日にハードフォークが控えているなど今後の開発と運用方法によって、普及の可能性は十分に高いと考えられます。

ETH(イーサリアム)だけでは、対応できない事態が発生した場合はETC(イーサリアムクラシック)は間違いなく必要とされます。

開発陣営のマンパワーがETH(イーサリアム)と比べると圧倒的に弱いこともあり、ETH(イーサリアム)を抜くということは難しいかも知れませんが、今後の動向に注目すべき仮想通貨ではあると思います。

ETC(イーサリアムクラシック)のチャート


ETC(イーサリアムクラシック)の時価総額・レート(日本円)

関連記事

ビットポイント(BITPoint)の手数料(入金・出金・送金・取引)を徹底解説!...

GMOコインのFacebook登録をすすめない理由!簡単な登録には落とし穴が?!

ビットバンク(bitbank)でのパスワードを忘れた・変更したい時の設定方法

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)のSMS認証が届かない・来ない時の対...

DMMビットコイン(DMMBitcoin)の信用取引について徹底解説!

ビットバンク(bitbank)でSMS認証方法&届かない・来ない時の対処法を徹底...