ぺぺキャッシュ(pepecash)とは?お得な買い方を徹底解説!特徴や今後の将来性も分析!

ぺぺキャッシュ(pepecash)という仮想通貨はご存知でしょうか。日本では、現在ザイフ(Zaif)でしか取引されていない仮想通貨です。
また仮想通貨といっても、使用できる用途はデジタルトークンカードの引き換えのみです。しかしぺぺキャッシュ(pepecash)は値段も安く、まだまだ伸び代や今後の将来性もある仮想通貨という声もあがっています。

今回はそんな仮想通貨「ぺぺキャッシュ(pepecash)」のお得な買い方や特徴、今後の将来性についてご紹介したいと思います。

ぺぺキャッシュ(pepecash)を一番安く買える取引所はここ!

ぺぺキャッシュ(pepecash)を取り扱っている仮想通貨取引所はザイフ(Zaif)のみです。

ザイフ(Zaif) 公式サイト

ザイフ(Zaif)の登録・口座開設記事はこちらから:
【超初心者向け】ザイフ(Zaif)の登録〜口座開設の方法をどこよりもわかりやすく解説

ぺぺキャッシュ(pepecash)の手数料一覧

ぺぺキャッシュ(pepecash)を取り扱っている仮想通貨取引所はザイフ(Zaif)のみです。
手数料は以下になります。

仮想通貨取引所 販売所or取引所 手数料
ザイフ(Zaif) 取引所 無料

 

ぺぺキャッシュ(pepecash)の買い方・購入方法

【概要】上記「一番安く買える取引所」で選定した取引所での該当コインの購入方法を画像を用いて記載してください。

ではザイフ(Zaif)での、ぺぺキャッシュ(pepecash)の買い方をご説明します。

まずザイフ(Zaif)にログインし、取引のボタンをクリックします。

仮想通貨を選択します。

左上のタブから、トークンを選択します。

ぺぺキャッシュ(pepecash)と日本円、ビットコインの取引欄があります。

必要事項を記入しましょう。

買い注文をクリックして完了します。

ぺぺキャッシュ(pepecash)の最近の値動き(高騰の理由)

ぺぺキャッシュ(pepecash)が高騰する理由の一つに、burnというデフレを誘発させるシステムがあります。
burnとは、ぺぺキャッシュ(pepecash)を宛先不明のアドレスに送り、使用不能にすることです。文字通り燃焼させ、需要に対して供給を少なくすることで価格が高騰します。

ぺぺキャッシュ(pepecash)の特徴①

ぺぺキャッシュは、匿名掲示板2chの海外バージョンである4chから生まれた仮想通貨です。
主な特徴として、Rare pepeと呼ばれるカードを購入するために使用されます。
実際の通貨として使用されるのではなく、カードや手数料の消費に利用されるトークンとしての性質を持った仮想通貨です。

ぺぺキャッシュ(pepecash)の特徴②

ぺぺキャッシュ(pepecash)を利用して売買されるのが「Rare pepe」というカードです。Rare pepeは、4chで生まれたキャラクター「ぺぺ」をモチーフにしてデザインされています。
特徴的なアニメ調のデザインで、独特の魅力がある絵柄です。
このRare pepeをコレクションとして集めたり、ぺぺキャッシュ(pepecash)で売買することができます。

また現在では応募停止されているみたいですが、以前ではRare pepeにデザインを応募することができたみたいです。
作ったRare pepeに人気が出れば、高値で取引されることもあり、自分の利益につなげられます。

英語サイトですが、Rare pepeの応募はこちらから

※募集再開時期は未定

ぺぺキャッシュ(pepecash)の特徴③

ぺぺキャッシュ(pepecash)は、counter partyというプラットフォームで作られた仮想通貨トークンです。
proof of burnという方法が用いられ、一定のビットコインを燃焼させxcpというトークンを生み出します。そのxcpを消費することによって、取引に使用できるトークンを作成するプラットフォームです。

counter partyというプラットフォームで作られたトークンです。counter partyは、proof of burnという方法で一定のビットコインを燃焼。xcpというトークンを生み出し、さらにこのxcpを消費することで、ペペキャッシュの様なトークンを簡単に作れるプラットフォームです。counter partyを使えば、例えばTポイントをや楽天ポイントなど、ポイント=トークンを扱うサービスが簡単に作れます。

ぺぺキャッシュ(pepecash)の今後の展望・将来性

ぺぺキャッシュ(pepecash)の今後の展望ですが、デジタルトークンカードRare pepeに根強いファンがいたり、強いコミュニティに支えられたりと、明確な需要があるのでまだまだこれから伸びていく仮想通貨だと思われます。

また2chから生まれたモナーコインは、一時期の最高値が2300円まで伸びていました。
対してぺぺキャッシュ(pepecash)の高騰は28円ほどだということから、一部の人の間ではまだまだ安すぎるのではないかという声もあがっています。

ぺぺキャッシュ(pepecash)の時価総額・レート(日本円)

関連記事

ビットフライヤー(bitFlyer)入金方法(銀行振込・コンビニ・ペイジー)を徹...

キャッシュ(QASH)とは?お得な買い方を徹底解説!特徴や今後の将来性も分析!

ビットバンク(bitbank)の注文について徹底解説!【初心者向け】

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の注文についてを徹底解説!【初心者向...

ダッシュ(DASH)とは?仮想通貨・アルトコイン初心者にもわかりやすく特徴を徹底...

GMOコインのアカウントの口座開設・登録方法を徹底解説!作れない時の対処法や削除...