GMOコインの注文について徹底解説!を徹底解説!【初心者向け】

この記事では、GMOコインでの注文方法をご説明したいと思います。

GMOコインの注文方法の種類

注文方法について説明する前に、GMOコインで提供されている仮想通貨取引の種類についてご説明しなければなりません。

GMOコインでは「仮想通貨現物売買」と「仮想通貨FX」という2種類の取引が提供されています。ともにいわゆる「店頭取引(販売所取引)」と呼ばれるもので、板情報で売り気配や買い気配が表示される「取引所取引」ではありません。イメージとしては、FXトレードを思い浮かべてもらえばよいでしょう。

GMOコインが提供している仮想通貨「取引所取引」のうち、「仮想通貨現物取引」では直接注文、つまり成行注文しかできません。(これはマイナス点だと言えるでしょう。)

このため成り行き注文以外、指値注文や逆指値、IFD(イフダン)など、FX経験者ならお馴染みの注文方法を活用しようと思ったら、GMOコインの場合、レバレッジ取引である「仮想通貨FX」を選ばなければなりません。

GMOコインでの成行注文方法

GMOコインでの成行注文を「仮想通貨現物売買」に関して説明します。(「仮想通貨FX」では画面表示が異なって来ますので注意してください。)

左項目「仮想通貨現物売買」(赤字)をクリックすると上掲画面が表示されます(以下、①、②・・・という説明の番号は上掲画像赤字に対応しています)。

① まず取引したい通貨を選んでください。選んだ通貨は黄色枠で囲まれます。

② 次に取引する数量を選択してください。この手続きは忘れやすいので注意してください。

③ 数量を入力します。通貨単位のことです。上掲画像では「1BTC」注文することになります。

④ 購入を選択します。「買い」の意味です。現物取引(仮想通貨現物売買)では、該当仮想通貨を持っていない場合「買い」からしかトレードを始められないので注意してください。

GMOコインの指値注文方法

GMOコインで指値注文をはじめ、逆指値、IFD、OCO、IFD-OCOといったFXトレードでお馴染みの注文方法をやりたいと思ったら、レバレッジ取引である「仮想通貨FX」を選ばなければなりません。以下では、仮想通貨FXでの成行注文のやり方をご説明いたします。

左項目「仮想通貨現物売買」(赤字)をクリックすると上掲画面が表示されます(以下、①、②・・・という説明の番号は上掲画像赤字に対応しています)。

① 「指値」を選択しましょう。選択した注文は上掲画像のように黒く表示されます。

② 売か買かを選択してください。レバレッジ取引(仮想通貨FX)に限り、売り注文から入ることもできます。

③ 注文数量を入力してください。BTC単位ですので、(1BTCなら)日本円換算にすると現レートでは100万円近い大きな金額になってしまうので十分注意してください。

④ 指値か逆指値を選択します。逆指値は、現レートより不利なレートになったとき、売買が成立するタイプの注文です。いわゆる損切りのために、保険として注文されていることが多いです。

⑤ 注文レートを入力します。たとえば上掲画像のレートでしたら、買いで「900,000」などと入力すれば、現レートより安く買えることになりますから(いわゆる押し目買い)、指値注文の形になります。

GMOコインの注文手数料

GMOコインでは、売買時の注文手数料はゼロ円(無料)になっています。

GMOコインの手数料(販売所・取引所・出金・入金・送金)を全網羅!徹底解説!

GMOコインの注文有効期限

GMOコインで注文の有効期限はとくにないため、制限なく取引をおこなうことができます。

GMOコインの注文最低金額

以下に通貨ごとの注文最低金額を記載します。

BTC/JPY:0.0001 BTC(仮想通貨現物売買)、0.01 BTC(仮想通貨FX)

ETH/JPY:0.01 ETH(仮想通貨現物売買)

BCH/JPY:0.01 BCH(仮想通貨現物売買)

LTC/JPY:0.1 LTC(仮想通貨現物売買)

XRP/JPY:30 XRP(仮想通貨現物売買)

関連記事

ザイフ(Zaif)のパスワードを忘れた?!パスワード再設定方法・再設定できない時...

ビットフライヤー(bitFlyer)の信用取引について徹底解説!

BITPoint(ビットポイント)のレバレッジ取引方法を徹底解説!振替のやり方や...

ビットコイン・仮想通貨用で安全性の高いオススメウォレットを紹介(超初心者向け)

コインチェック(coincheck)メールが届かない時の対処法を徹底解説

カイカコイン(CAICA Coin)とは?お得な買い方を徹底解説!特徴や今後の将...