BITPoint(ビットポイント)の評判・評価・口コミ・メリット・デメリットを超初心者向けにまとめて解説!

今回は「初心者の方」や「BITPoint(ビットポイント)を知らない方」に対し、BITPoint(ビットポイント)のメリットやデメリット、評価や評判について解説していきたいと思います。

BITPoint(ビットポイント)の会社概要

【運営会社概要】
会社名:株式会社 ビットポイントジャパン
本社所在地:〒106-6236 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー36F
設立日:2016年3月3日
資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)
代表者:小田 玄紀

BITPoint(ビットポイント) 公式サイト

 

株式会社 ビットポイントジャパンは2016年3月より設立された会社です。主要株主は「株式会社リミックスポイント」です。

株式会社リミックスポイントは2017年度より安定的に収益を上げており、主要株主としては頼りがいのある業績を残しています。

代表取締役である小田玄紀は、東京大学在学中に起業し、その後事業を売却。コンサルティング会社として有名なマッキンゼー出身者と共にベンチャーキャピタリストとして多くのベンチャー企業に対して投資を行いました。

海外の機関投資家との交渉や債券投資なども手掛けており、金融・投資のスペシャリストとして活躍しています。

BITPoint(ビットポイント)のメリット

BITPoint(ビットポイント)のメリットを見ていきましょう。

BITPoint(ビットポイント)のメリット①手数料がとにかく無料

口座管理料、取引手数料、入出金手数料、送金手数料全てが無料になります。しかもキャンペーンのような期間限定の対応ではありません。

特に送金手数料が無料という取引所は珍しいので重宝すべきポイントになります。

BITPoint(ビットポイント)のメリット②分析がとことん出来る

「MetaTrader4(MT4)」を使用して、テクニカル分析やチャート分析が出来ます。「MetaTrader4(MT4)」は世界で750社以上に採用されているトレードツールです。 

分析に使用できるツールが数多く入っており、自分で自動売買も設計出来ます。また、他者が作成した分析指標を自分の画面に貼りつけて、活用することも出来ます。

BITPoint(ビットポイント)のメリット③セキュリティーが非常に強い

BITPoint(ビットポイント)が注目され始めたのは「コインチェック(Coincheck)」のNEM流出問題が明確な始まりです。

BITPoint(ビットポイント)は当初より「ウォレットの管理方法が厳重」であったことや「マルチシグの採用」をしていたため、セキュリティーが強いと話題になりました。

また、楽天証券株式会社の『MARKET SPEED(マーケット・スピード)』を開発した原田勉氏がBITPoint(ビットポイント)のシステムに携わっていたことでその信頼性は一気に高くなったと言えるでしょう。

BITPoint(ビットポイント)のメリット④スマホアプリが格段に使いやすい

仮想通貨に投資をしている方の半数以上は、スマホを利用してトレードをしています。コインチェック(Coincheck)」のNEM流出事件以降、取引所のセキュリティーが高い取引所を探し、ユーザーは彷徨いました。

いろいろな取引所に口座を作りトレードするも「使いづらい」という経験をされた方も多いのではないでしょうか。

BITPoint(ビットポイント)は「楽天証券株式会社取締役執行役員情報システム本部長」であった原田勉氏がシステムの開発に携わっていることもあり、非常に使いやすい取引ツールが提供されています。

BITPoint(ビットポイント)のメリット⑤レバレッジが驚きの25倍まで可能

レバレッジ取引が25倍まで出来る国内の取引所は「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」と「みんなのビットコイン」のみです。

手持ちの資金が少なく、ハイレバレッジで勝負をかけたい方にはお勧めの取引所です。また、レバレッジは2倍・5倍・10倍・25倍の中から自分で選択することが出来るため、その場にあった取引が可能となっています。

BITPoint(ビットポイント)のデメリット

BITPoint(ビットポイント)のデメリットを見ていきましょう。

BITPoint(ビットポイント)のデメリット①取引量が少ない

まだまだ認知度が低い取引所のため、登録者が少なく、取引板も薄いことが難点です。しかし、ユーザーが必要とする要素が揃っているBITPoint(ビットポイント)は今後更なる登録者の増加が見込めます。

時間とともに取引量も増えて行くと思いますので、気長に待ちましょう。

BITPoint(ビットポイント)のデメリット②取引可能になるまでが長い

BITPoint(ビットポイント)は取引するまでに必要とする時間が長いことが気になります。取引所へ開設の申請を出し、開設許可が降りてから、自宅にIDや初期パスワードが届き、それを口座へ登録します。

そのため他取引所より、口座開設が出来るまでのステップが多いことが言えます。しかし、それだけセキュリティーが厳重であることの裏返しとも言えますので、早まる気持ちを抑えながら辛抱強く待ちましょう。

BITPoint(ビットポイント)のデメリット③取り扱いのある仮想通貨が少ない

BITPoint(ビットポイント)でトレードが出来る仮想通貨は5種類しかありません。ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)です。

少ない理由はウォレットの管理がそれだけ厳重であるからとも言えます。今後さらに取り扱い数を増やせる環境が整うことに期待しましょう。

BITPoint(ビットポイント)のデメリット④ロスカットの基準が上級者向け

BITPoint(ビットポイント)のロスカットとなる条件は「証拠金維持率が100%を下回った場合」です。

つまり、他取引所と比較すると非常に早い段階でロスカットになってしまうシステムになっています。

証拠金維持率の計算方法を把握していることは勿論、ポートフォリオの管理がしっかりと出来る必要があります。

しかし、証拠金維持率の基準が高いことは、それだけユーザーの資産保護を慎重に行っている証拠でもありますので、前向きに考えて良いかと思います。

BITPoint(ビットポイント)のデメリット⑤直接アフィリエイトを運営していない

BITPoint(ビットポイント)を紹介してアフィリエイト報酬を得るためにはアクセストレードへの入会が必要です。

アクセストレードとはアフィリエイト・サービス・プロバイダー(ASP)になります。アクセストレードに登録の申請を出し、許可が下りれば土俵に立てます。

運営サイトやブログの内容によっては許可を得られないケースも多々ありますのでご注意願います。

許可が下りれば、BITPoint(ビットポイント)との提携申請を出すことが出来ます。提携申請が通ればようやくバナーを貼ることが出来ます。

BITPoint(ビットポイント)の評判・評価・口コミ

次にネット上の評判や口コミを見てみてましょう。

BITPoint(ビットポイント)の評判・評価・口コミ①スマホアプリが使いやすい


操作性も高く、分かりやすいから良いね


取引もスムーズに出来るし、ストレスにならないよね

某取引所のスマホアプリは使い勝手が悪いことで有名ですが、BITPoint(ビットポイント)のスマホアプリは全く逆のようです。便利で使いやすいことで好評を得ています。

BITPoint(ビットポイント)の評判・評価・口コミ②ハイレバレッジを使用できるのは嬉しい


規制が厳しくなってから「ハイレバレッジを掛けられる取引所」は貴重だよね


確かに25倍のレバレッジを掛けられる取引所は、最近では珍しいよね

「25倍のレバレッジを掛けられる取引所」として注目を集めているようです。国内の取引所ではハイレバレッジが可能な取引所は限られているため、今後より重宝されるかも知れません。

BITPoint(ビットポイント)の評判・評価・口コミ③サーバーが落ちないのが良い


取引量が多い時でもサーバーが落ちないことには安心感があるよね


サーバーが強いことはユーザーの信頼を得るための条件でもあるもんね

某取引所では、よく取引量が多くなると制限がかかったり、サーバーが落ちたりしますが、BITPoint(ビットポイント)は元々の取引量が多くないため、取引に支障が出るケースはほとんどないようです。

BITPoint(ビットポイント)の評判・評価・口コミ④アービトラージに最適


取引量が少ないからこそアービトラージには期待出来るよね


確かに取引量が多い取引所のみでトレードをしていても、アービトラージの環境としては厳しいものがあるよね

アービトラージとは同一の価値を持つ商品の一時的な価格差の発生を狙った取引方法になります。割安な取引所で買い、割高な取引所で売ることで利益を獲得します。

BITPoint(ビットポイント)は取引量が少ないからこそ、市場の流動性が高くなり価格の上下が激しくなっていても、市場に流されるまでのスピードが遅いです。

そのため、アービトラージを狙ったトレードを行うためにBITPoint(ビットポイント)に口座を持っている方も多いようです。

BITPoint(ビットポイント)の評判・メリット・デメリットまとめ

・レバレッジが25倍まで掛けられる。
・取引ツールが充実している。
・手数料が無料で、セキュリティーも強い。
・取引量が少なく、取り扱いのある仮想通貨も5種類しかない。

BITPoint(ビットポイント)のメリット・デメリット・評判を紹介しました。主要株主が「株式会社リミックスポイント」であることは取引所に対する安心感にも繋がっています。

また、株式会社 ビットポイントジャパンの役員を見てみると、経歴や実績の内容が素晴らしいです。それらの集大成がセキュリティー面やトレード環境の良さに繋がっております。

BITPoint(ビットポイント)は初心者からプロのトレーダーまで幅広く使用することの出来る取引所です。是非にこの機会に登録してみることをお勧めします。

まだ口座をお持ちでない方は以下のリンクから15分程度で簡単に登録できますので是非登録してみて下さい。

BITPoint(ビットポイント) 公式サイト

登録方法はこちらから:

ビットポイント(BITPoint)の登録・口座の開設方法を紹介していきます。 本人確認の書類には何が必要か? またお得なキャンペーン情報や口座...

関連記事

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)とは?お買い得な買い方を徹底解説!特徴や今後...

【スマホ版】bitFlyer(ビットフライヤー)の登録・口座開設方法を徹底解説!

GMOコインのFacebook登録をすすめない理由!簡単な登録には落とし穴が?!

バイナンス(Binance)のログイン方法を徹底解説!ログインできない時は?!

仮想通貨取引所の手数料をアルトコイン別に徹底比較!【全20種類】

【超初心者向け】コインチェック(coincheck)の始め方(登録〜口座開設)を...