キャッシュ(QASH)とは?お得な買い方を徹底解説!特徴や今後の将来性も分析!

今回はキャッシュ(QASH)のお得な買い方・購入方法を解説します。またコインの特徴や今後の展望なども記載していきます。
キャッシュ(QASH)は国内の大手仮想通貨取引所であるQUOINEX(コインエクスチェンジ)を運営するQUOINE(コイン)社が発行した、通貨取引プラットフォーム「LIQUID」のための仮想通貨です。
この記事を読んで興味を持たれた方はぜひキャッシュ(QASH)を購入してみてくださいね!

キャッシュ(QASH)を一番安く買える取引所はここ!

キャッシュ(QASH)を購入できる国内の取引所は、発行元であるQUOINEX(コインエクスチェンジ)となります。海外ではHuobiやBitfinexなどで取引可能ですが、取引の手間や発行元であるという安心面からQUOINEX(コインエクスチェンジ)の口座を作成することをおすすめします。

まだ口座をお持ちでない方は以下のリンクから15分程度で簡単に登録できますので是非登録してみて下さい。

QUOINEX(コインエクスチェンジ) 公式サイト

口座登録の解説記事はこちら。
コインエクスチェンジ(QUOINEX)の登録・口座開設方法をわかりやすく解説!

キャッシュ(QASH)の手数料一覧

キャッシュ(QASH)を扱っている取引所は国内でQUOINEX(コインエクスチェンジ)だけです。
手数料は無料となります。

仮想通貨取引所 販売所or取引所 手数料
QUOINEX(コインエクスチェンジ) 取引所 無料

キャッシュ(QASH)の買い方・購入方法

ここではQUOINEX(コインエクスチェンジ)でのキャッシュ(QASH)の買い方・購入方法を説明していきます。試しに日本円とキャッシュ(QASH)で取引する方法を説明します。
以下URLよりQUOINEX(コインエクスチェンジ)にログインして下さい!

QUOINEX(コインエクスチェンジ) 公式サイト

ログイン後、取引画面に進みます。

その後、以下の手順で進めてください。
①「シンプルトレード」をクリック
②「JPY」をクリック
③「QASH」をクリック
④購入時:「購入価格」を入力 /売却時:「売却価格」を入力
⑤購入時:「購入数量」を入力 /売却時:「売却数量」を入力
⑥購入時:「QASH購入」をクリック/売却時:「QASH売却」をクリック

すると、注文確認の画面が表示されるので、「注文実行」をクリックすれば、取引完了となります。

キャッシュ(QASH)の最近の値動き(高騰の理由)

2018年1月頃に価格が高騰して、一時252円になっていましたが、そのあと上下を繰り返し、2018年5月現在では60円前後となっています。
これは、仮想通貨全体として価格が低下していることが理由に挙げられるでしょう。

キャッシュ(QASH)の特徴①国内取引所のQUOINEXが発行

キャッシュ(QASH)は国内の大手仮想通貨取引所であるQUOINEX(コインエクスチェンジ)を運営するQUOINE(コイン)社が発行した、通貨取引プラットフォーム「LIQUID」のための仮想通貨です。この「LIQUID」とは、「世界中の仮想通貨取引所の取引板を一つのプラットフォームに集約させる」というプロジェクトを実現させようとする仮想通貨の取引プラットフォームのことです。このプラットフォームを利用することで、ありとあらゆる仮想通貨の交換が、平等に利用できる環境が整うことになります。

キャッシュ(QASH)の特徴②イーサリアムを利用

キャッシュ(QASH)はイーサリアムを利用して作成されています。
また、簡単にセキュリティの高いトークンを作成できる「ERC20」というシステムのトークンです。
ERC20とは、イーサリアム上でのトークンの技術的な仕様基準です。
簡単に説明すると、トークンによって仕様がバラバラだと、ユーザーとしては「トークンが安全に売買できるかわからない」、「ウォレットを複数用意しなければならない」などの不都合が生じてしまいます。
そこで、トークンに必要な機能などの基準を作成したものが、ERC20になります。

キャッシュ(QASH)を購入する際は基本的にはイーサリアムでの支払いとなります。また取引の承認に関しても、イーサリアム上で行われます。

キャッシュ(QASH)の特徴③プロジェクトメンバーが豪華

この「LIQUID」というプラットホームのプロジェクトメンバーは非常に強力です。
三菱UFJフィナンシャル・グループの要職を歴任してQUOINEの取締役である田中正明氏、ソフトバンクグループやヤフー等の要職を歴任してQUOINEの取締役になっている大蘿淳司氏などあらゆる業界で力のある方がプロジェクトに参加しています。

キャッシュ(QASH)の今後の展望・将来性

キャッシュ(QASH)は通貨取引プラットフォーム「LIQUID」のための仮想通貨であることはお話した通りです。この「LIQUID」というプラットホームのプロジェクトが実現すれば複数の取引所の開設が不要になる、円ですべての通貨が購入できる、取引所の価格差自体なくなる、取引所間の送金のリスクもなくすなどといったメリットがあります。
つまり、将来このプロジェクトが実現したら、キャッシュ(QASH)の価値がますます上がってくると言えます。

キャッシュ(QASH)のチャート

【概要】編集部側で対応しますのでこのまま何も記入せずに提出してください。

キャッシュ(QASH)の時価総額・レート(日本円)

【概要】編集部側で対応しますのでこのまま何も記入せずに提出してください。

関連記事

GMOコインでの仮想通貨の送金方法を徹底解説!手数料は?送金制限は?送金できない...

ビットポイント(BITPoint)の手数料(入金・出金・送金・取引)を徹底解説!...

イーサリアムとは?超初心者にもわかりやすく解説!

みんなのビットコインの評判・メリット・デメリットを超初心者向けに徹底解説!

【超初心者向け】bitFlyer(ビットフライヤー)の登録〜口座開設方法をどこよ...

コインエクスチェンジ(QUOINEX)の登録・口座開設方法をわかりやすく解説!