BITPoint(ビットポイント)のレバレッジ取引方法を徹底解説!振替のやり方や手数料も説明!

BITPoint(ビットポイント)はコインチェック(coincheck)のNEM流出事件以降、「セキュリティが強い」ことや「MetaTrader4(メタトレーダー4)が使用できる」ことから注目が集まっています。

今回はBITPoint(ビットポイント)のレバレッジ取引方法や振替方法・手数料等について説明していきたいと思います。

※このページでは既にBITPoint(ビットポイント)の口座を開設した人を対象としています。
まだ口座開設していない人は以下のリンクより登録してから記事を読んでいただけるとより理解が深まります。

BITPoint(ビットポイント) 公式サイト

解説記事はこちら。

ビットポイント(BITPoint)の登録・口座の開設方法を紹介していきます。 本人確認の書類には何が必要か? またお得なキャンペーン情報や口座...

Index

BITPoint(ビットポイント)レバレッジ取引の入金方法

①「入出金・振替」タブをクリックします。

 

②銀行やコンビニなどインターネットバンキングからの入金では無い方は「入金先口座情報」を選択します。また、インターネットバンキングで入金をする方は「即時入金」をクリックします。

 

③「入金先口座情報」を選択した方はジャパネット銀行の口座情報が表示されますので、指定の口座先に入金しましょう。ここで注意点があります。

 

自分の9桁のアカウント番号「○○○-○○○○○○」を振り込む先に「名義人の後に」入力してから入金してください。

もし、アカウント番号の入力を忘れて入金してしまった場合はBITPoint(ビットポイント)にその旨を伝えて、確実に入金が反映されるようにしましょう。

 

⑤次に「即時入金」を選択された方は「提携金融期間」を選択しましょう。口座を開設している該当のインターネットバンキングを選択し、入金額を入力した上で「確認画面」をクリックします。

 

⑥確認画面をクリックすると上記画面が表示されます。「取引暗証番号」とはインターネットバンキング開設時に自分で設定した4桁の暗証番号です。入力後「入金依頼」をクリックしましょう。

 

⑦暗証番号に間違いがなければ、通常は自動的に「提携先金融機関の画面」に移ります。しかし、「ポップアップにブロックがかかっている場合」は上記画面が表示されます。

上記画面が表示された場合は「ポップアップブロックの解除」が必要です。ポップアップブロックの解除方法はお使いのデバイスやブラウザによって異なります。

インターネットで「ポップアップブロック 解除 デバイス名orブラウザ名」と検索してみてください。

 

⑧SBIの場合は上記画面が表示されます。SBIはセキュリティ対策としてスマート認証アプリを入れている方が多いです。

アプリを入れている方は「ログインロック」をアプリで外す作業が必要です。

 

⑨アプリを開くと上記画面が表示されますので「ロックを解除」をスライドさせ「30秒以内」にログインする必要があります。

 

⑩無事ログインが出来ましたら、支払い内容を確認しましょう。驚くべきことは「入金にかかる手数料が無料」であることです。

 

⑪最後にSBIの口座開設時に自分で設定した「WEB取引パスワード」を入力し「スマート認証」をクリックします。

 

⑫これで即時入金が完了となりました。

 

BITPoint(ビットポイント)レバレッジ取引のやり方・決済方法・レバレッジのかけ方・倍率変更方法

①まず始めに何倍のレバレッジをかけて取引をするのかを決めます。「口座管理」より「レバレッジコースの選択」をクリックします。

 

②「レバレッジコースの選択」をクリックすると倍率を選択する画面が表示されます。ご希望の倍率を選択し「変更」ボタンを押します。これで倍率の設定は完了です。

 

レバレッジの倍率設定とレバレッジ口座への振替が完了しましたら、TOP画面「仮想通貨取引」のタブをクリックします。

 

④「仮想通貨取引」をクリックをすると上記画面が表示されます。「レバレッジ新規」を選択しましょう。

 

⑤取引方法は3種類あります。1つ目は「ストリーミング」です。ストリーミングは数量を入れただけですぐに売買が成立するため、便利ではありますが「売買する金額」に開きがあります。

スプレッドが発生しているため、利益が出しづらくお勧め出来ません。

 

⑥2つ目はシングルです。シングルの場合は余計なスプレッドは発生しておりません。そのため、通常の取り引きには「シングル」を使用することをお勧めします。

「売るのか・買うのかを選択」し、売買希望の数量を入れて「成行」か「指値」注文をします。入力後は「取引暗証番号」を入力の上「注文」をクリックします。これで注文が完了です。

逆指値については後ほど解説します。

 

BITPoint(ビットポイント)レバレッジ取引のチャート見方

①チャートは2種類用意されています。右上の「チャート1」か「チャート2」を選択し、自分の使いやすいチャートを運用しましょう。

 

②チャート1の画面になります。非常に簡易的ですが、分析をするためには物足りなさを感じます。

 

③チャート2の画面になります。上が「値動き」を示しており、下が「出来高」を表しています。また、横軸が「時間」、縦軸が「値段・出来高量」となります。

いずれも表示データの期間は左上のタブで「3カ月」か「6カ月」を選択出来ます。常時使用するチャートとしては「チャート2」を活用することをお勧めします。

 

BITPoint(ビットポイント)レバレッジ取引の振替やり方

①まず始めに入手金・振替のタブから「資金振替指示」を選択しましょう。

 

②入金している法定通貨をレバレッジ口座へいくら移すのかを入力します。入力後「確認画面」をクリックし、資金の振替が完了となります。

 

BITPoint(ビットポイント)レバレッジ取引の損切り方法

すぐに損切りしたい場合は「成行」注文で即時に売買し、様子を見ながら損切りしたい場合は「指値」にて段階的に値段を指して損切りしましょう。

 

BITPoint(ビットポイント)レバレッジ取引のロスカット・逆指値とは

ロスカットとは証拠金が一定以上消失すると、強制的に決済を行う「自動決済ルール」になります。ロスカットになった際は、証拠金以上の損失が出てしまう可能性もありますのでご注意願います。

ロスカットによる損失を防ぐために使用する方法が「逆指値」になります。逆指値とは「設定価格以上・以下になると売買する」という指値になります。

例えば現在のBTC価格が140万円であった場合、「145万円以上になった場合に買う」或いは「120万円以下になった場合に売る」という指値をすることが出来ます。

流動性が高い以上においては必須のシステムです。

 

BITPoint(ビットポイント)レバレッジ取引のストップ・停止方法

注文照会で全ての取引を取り消しし、保有している全btcを成行注文で即時に売却することで全ての取引を停止することが可能です。

 

BITPoint(ビットポイント)レバレッジ取引の残高・取引履歴確認方法

①TOP画面の「取引照会」を選択し「注文照会」をクリックします。

 

②「注文照会」をクリックすると上記画面が表示されます。こちらで全ての確認が可能です。

 

BITPoint(ビットポイント)レバレッジ取引の手数料・スプレッド

レバレッジ取引の取引手数料は無料になります。ストリーミングでの注文時はスプレッドが発生しますが、シングルで注文を入れれば問題ありません。

また、新規建時には「新規建玉金額の0.035%」を建玉管理料として徴収されます。さらにポジンションを持ちながら翌取引日へ持越した場合は「売/買の建玉金額の0.035%/日」を建玉管理料として支払う必要があります。

詳細については下記の記事にて説明しておりますのでご覧ください。

数ある仮想通貨取引所の一つであるビットポイント(BITPoint)。仮想通貨取引所にはそれぞれの特性があり、取引方法や取引できるアルトコインの種...

 

BITPoint(ビットポイント)レバレッジ取引のリスク

証拠金維持率が100%以下になった場合はロスカットルールが発動し、強制決済となる可能性があります。そのため、流動性が高い市場においては特に損益が大きくなる傾向がございますのでご注意願います。

なお、ロスカットルールが発動した場合は、未約定の新規注文がある場合は全ての注文が取り消されます。

 

Q&A:BITPoint(ビットポイント)レバレッジ取引に最適な時間は? 長期期間の取引に向いてますか?

レバレッジ取引は、各国のアクティブな時間帯を把握しておき、それに沿って取引を行うことが重要です。

時間帯に縛られることはありませんがアクティブな時間帯に取引を行うことが最適な時間と言えるでしょう。

主に、日本・米国・欧州の3つに分けられることが出来ます。米国では日本時間の23時頃からトレードが開始されると言われています。欧州では日本時間の16時頃からトレードが開始されると言われています。

レバレッジ取引にはロスカットルールがあるため、市場の流動性が高いほど強制決済が発動するリスクは高まります。つまり、ハイリスク・ハイリターンであるため長期間の取引はお勧め出来ません。

リスク回避のためにも、レバレッジ取引は「短期取引」で使用することをお勧めします。

 

Q&A:BITPoint(ビットポイント)レバレッジ取引はビットコイン以外のアルトコインの取引を行うことはできますか?

BITPoint(ビットポイント)はアルトコインのレバレッジ取引は出来ません。BTC/JPYペアのみになります。

国内の取引所でアルトコインのレバレッジ取引が出来るのはDMMビットコイン(DMM Bitcoin)のみです。

 

Q&A:BITPoint(ビットポイント)レバレッジ取引はアプリ・スマホでおこなうことはできますか?

BITPoint(ビットポイン)はスマホアプリでレバレッジ取引をすることが出来ます。また、ユーザより国内取引所の中では1番使いやすい、見やすいという声が多く挙げられています。

 

Q&A:BITPoint(ビットポイント)レバレッジ取引はリップルの取引をおこなうことはできますか?

BITPoint(ビットポイント)でリップル(XRP)のレバレッジ取引を行うことは出来ません。

 

Q&A:BITPoint(ビットポイント)レバレッジ取引でネムの取引はできますか?

BITPoint(ビットポイント)でネム(NEM)のレバレッジ取引を行うことは出来ません。

 

Q&A:BITPoint(ビットポイント)レバレッジ取引のショートやロングってなんですか?

ショートとは売りからは入って買い戻す取引を指します。別名「空売り」と呼ばれています。ロングは買うことを意味します。

また、仮想通貨を保有することをポジションを持つと言います。

 

Q&A:BITPoint(ビットポイント)レバレッジ取引には期間や期限はありますか?

レバレッジ取引に期間や期限はございません。証拠金の維持さえ出来ていれば、問題ありません。

 

Q&A:BITPoint(ビットポイント)レバレッジ取引には倍率に制限はありますか?

レバレッジ倍率は「25倍」までとなります。

 

Q&A:BITPoint(ビットポイント)レバレッジ取引で得た利益に税金はかかりますか?

レバレッジ取引で得た利益にも税金は発生します。仮想通貨の場合は「雑所得」になるため、税率は高いです。

税金に関するページは下記になりますので、気になる方は是非ご覧ください。

今回はビットコイン・仮想通貨投資の税金(確定申告〜節税対策)を解説していきます。 ビットコイン・仮想通貨投資で大きく利益を出した人がメディアを...

Q&A:BITPoint(ビットポイント)レバレッジ取引で借りたお金の利息はどのくらい?

新規建時に、売/買の建玉に関わらず「新規建玉金額の0.035%」を建玉管理料として徴収されます。
また、当取引日から翌取引日へ建玉を持越した場合は「売/買の建玉金額の0.035%/日」を建玉管理料として支払う必要があります。

関連記事

DMMビットコイン(DMMBitcoin)の信用取引について徹底解説!

【ビットコイン・仮想通貨】指値注文・成行注文とは?メリット・デメリットを初心者に...

ビットフライヤー(bitFlyer)でのリップル(ripple)購入方法&オスス...

【スマホ版】ビットポイント(BITPoint)の登録・口座開設方法を徹底解説!

コインチェック(coincheck)でパスワードを忘れた・変更したい時の再設定方...

GMOコインのログイン方法・やり方を解説!ログイン出来ない・失敗した時の対処法は...