ビットコイン・仮想通貨用で安全性の高いオススメウォレットを紹介(超初心者向け)

今回はビットコイン・仮想通貨のウォレットの選び方を解説していきます。
コインチェックの事件もあり、ビットコイン・仮想通貨をできるだけ安全に保管したいという方も多いのではないでしょうか。
今回は「ウォレットとはそもそも何なの??」という疑問からウォレットの種類とその特徴(メリット・デメリット)まで初心者にも分かるように細かく説明しちゃいます!

ビットコイン・仮想通貨のウォレットとは

ウォレットとはビットコイン・仮想通貨を保管する専用の銀行口座のようなものです。
ビットコイン・仮想通貨を保管し、銀行口座と同様に「送金」「着金」などをすることができます。

ビットコインウォレットの仕組み

※この章は技術的な説明が多いので興味のある方だけ読んで下さい。

銀行口座との違いは、送金先の口座番号を複数持てる点です。例えば銀行口座には口座番号が一つ割り振られていて、振り込むときはこの番号に入金をしますが、ビットコインの場合は口座番号(ビットコインアドレス)が無数に発行できます。従い、一つのウォレットに複数のアドレスを持つことができます。このアドレスは基本的には取引のたびに使い捨てします。
ブロックチェーン上では全ての履歴(残高や送金金額等)を見ることができるため、一つのアドレスを使っていると、全ての取引と残高が公開されてしまいます。
それを防ぐために、アドレスを取引毎に変え、残高や以前の履歴がわからないようにしています。
ウォレット側では全ての発行したアドレスの合計残高が見られるようになっているので、ウォレットの保有者のみが全ての取引を把握できる仕組みとなっています。

公開鍵と秘密鍵

ウォレットの仕組みを理解する上で重要になるのが、公開鍵(Public key)と秘密鍵(Private key)です。
公開鍵と秘密鍵はアドレスごとに発行されます。

実際の処理では、
①秘密鍵が生成される。
②秘密鍵に対応して、公開鍵が作られる。
③公開鍵を変換してビットコインアドレスが作られる。

という流れになっています。
一方向関数で変換されているため、例えばアドレスや公開鍵から秘密鍵を生成することはできないようになっています。

秘密鍵はアドレスの生成者(のウォレット)のみしか知ることができず、公開鍵とアドレスは公開されます。
自分のアドレスから送金する為にはそのアドレスの秘密鍵が必要となるので、アドレスの生成者しか送金することができないようになっています。 ウォレットが銀行口座とすると、秘密鍵は本人確認をおこなう「実印」のようなものですね。
この鍵を保有していれば、自分の資産を自由に動かせます。

取引所での取引に秘密鍵が不要な理由

コインチェック(coincheck)のNEM流出事件では、この秘密鍵を取引所が保有していた、というのがポイントです。
この場合自分で秘密鍵を管理する手間がなくなるので管理は楽ですが、取引所が出金を拒めば出金できなくなってしまうというデメリットがあります。
コインチェック(coincheck)だけでなく多くの取引所でユーザーが秘密鍵を覚える必要がないのは、このように取引所が秘密鍵を管理しているからです。

ビットコイン・仮想通貨ウォレットの種類

ビットコイン・仮想通貨のウォレットは以下5種類に大別できます。
・ウェブウォレット
・デスクトップウォレット
・モバイルウォレット
・ペーパーウォレット
・ハードウェアウォレット

ここでは各ウォレットの特徴をメリット・デメリットに分けて解説していきます。

ウォレットの種類①ウェブウォレット

オンライン上で保管するウォレットです。アクセスがしやすく便利な反面、ハッキング等の恐れもあるため、安全性が弱いです。取引所が持っているウォレットとウォレット機能のみのサービスの2種類があります。

ウェブウォレットのメリット

・管理が簡単
利用に際してはメールアドレス・パスワード+二段階認証をするだけなので管理が楽です。

・アクセスしやすい
ウェブウォレットはオンライン上で管理されているため、パソコンやスマートフォンからアクセスすることができます。
後述のソフトウェアウォレットのように、パソコンなどの実物を持ち歩く必要がありません。

ウェブウォレットのデメリット

・セキュリティが弱い
ウェブウォレットはオンライン上にビットコイン・仮想通貨を保管する分、ハッキングの対象になりやすいというデメリットがあります。
また仮にサービスを停止された場合は、資産を動かせなくなる可能性があります。
資産を全てウェブウォレットに保管するのはセキュリティの観点からやめたほうが無難です。

オススメのウェブウォレットアプリ

ビットフライヤー(bitFlyer)

国内最大手の取引所のビットフライヤー(bitFlyer)は補償制度が充実しているため、取引所の中では比較的安全性が高く、オススメです。

bitFlyer(ビットフライヤー) 公式サイト

登録方法はこちら。

今回は仮想通貨取引所のザイフ(Zaif)の始め方(登録〜口座開設方法)を画像を使いながら解説していきます。 初心者の方も簡単に登録できるように...

評判やメリット・デメリットを徹底解説した記事はこちら。

最近話題のビットコイン・仮想通貨ですが、その中でもCM、テレビでよく見かけるのがビットフライヤー(bitFlyer)という仮想通貨取引所。 「...

・Blockchain.info

ビットコイン用のウェブウォレットです。日本語対応しているため非常に使いやすいです。
知名度も高く、利用者数も多いです。

blockchain.info 公式サイト

ウォレットの種類②デスクトップウォレット

自分のパソコンにソフトをインストールして、オフライン環境で使用するタイプのウォレットです。オフラインに保管するのでウェブウォレットと比較して安全度が高まります。
一方パソコン自体に保管するため、パソコン等を紛失してしまうと資産が凍結されてしまうという点に注意が必要です。

デスクトップウォレットのメリット

・セキュリティが高い
オフラインで管理するため、取引所やサービス自体がハッキングされる心配はありません。仮に取引所等が潰れても使用できます。

デスクトップウォレットのデメリット

・パソコンの故障・盗難・ウイルス感染の危険性がある。
例えばウイルスにかかってしまうと、ビットコイン・仮想通貨が流出してしまうという可能性があります。パソコン自体をしっかり管理する必要があります。

・持ち運びに不便
パソコンの中にウォレットを作るため、ソフトウェアをインストールしたパソコンでしか利用できません。そのため持ち運びには適していません。

・単一の通貨しか管理ができない
基本的に1つのデスクトップウォレットに一つの通貨しか対応していないです。
複数のアルトコインを保管する場合、パソコンに複数のウォレットをインストールする手間がかかります。またパソコン自体が重くなります。

・全て自己責任で管理する必要がある
ウォレット使用に必要な秘密鍵等は自分で管理する必要があります。
秘密鍵はバックアップを取る等自分でしっかり管理する意識を持つことが重要です!

オススメのデスクトップウォレット

・Electrum

Electrumはデスクトップウォレットの中で知名度が高いサービスです。
複数の秘密鍵を使ってよりセキュリティを高めるマルチシグ機能などが実装されており高い人気を誇っています。

Electrum 公式サイト

Copay

CopayはBitPay社が提供している簡易版のデスクトップウォレットです。
日本語対応しているのも嬉しいポイントです。Android,iOS版のアプリもあるため、スマートフォンでも使えて利便性が高いといえます。
こちらもマルチシグを実装しています。

Copay 公式サイト

ウォレットの種類③モバイルウォレット

アプリ形式で提供されるウォレット。デスクトップと仕組みは同じですが、スマートフォンに紐付いてサービスが提供されます。

モバイルウォレットのメリット

・ウェブウォレットと比較して安全性が高い。
こちらもデスクトップウォレットと同様にオフライン管理なので、比較的安全性は高いです。

・持ち運びが楽
スマートフォンで管理ができるので、気軽に出入金したい場合にオススメです。

モバイルウォレットのデメリット

・スマートフォンの盗難・故障リスクがある
普段から持ち歩いているスマートフォンだけに、その分盗難リスクがあるといえます。
利用の際は必ずバックアップを取るようにしましょう。
またバックアップで復活させるためにはバックアップキー(復元フレーズ)が必要になります。

モバイルウォレットのオススメサービス

・Copay
先程紹介したCopayはアプリも使いやすく、オススメです。

Copay 公式サイト

・Bread

Breadはシンプルで使いやすいデザインが特徴のアプリです。初心者でも簡単に使うことができます。

iOS:Bread – ビットコイン ウォレット
Android:Bread – ビットコイン ウォレット

ウォレットの種類④ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは紙で保管するタイプのウォレットです。アドレスと秘密鍵を紙に印刷しQRコードで読み込んで利用します。
完全なオフラインでの管理となるのでセキュリティ面では強度が高いといえます。ただし利便性は高くなく、長期の保管に適しているといえます。

ペーパーウォレットのメリット

・ハッキングなどのウェブからの攻撃の心配がない
オフライン環境に保管するため、ウェブからの攻撃を受けることはありません。

・コストが小さく敷居が低い
ペーパーウォレットは出金のとき以外のコストがかからず、後述のハードウォレットと比較して安価です。

ペーパーウォレットのデメリット

・紙を管理する必要がある。
紙で管理する以上、濡れたりなくしたりしてしまうリスクが常にあります。

・手間がかかる
紙をいちいち印刷したりしなければならず、他のサービスと比べて入出金に手間がかかります。短期での取引には向きません。

ペーパーウォレットのオススメサービス

・BitAddress

bitaddress.orgはデスクトップ上でウォレットを作成し、秘密鍵を紙で印刷して自分で管理するタイプのウォレットです。日本語対応しています。操作もとても簡単です。

BitAddress 公式サイト

ウォレットの種類⑤ハードウェアウォレット

専用のデバイスにビットコインアドレスを保管するタイプで、オフラインで管理するため安全性は極めて高いといえます。
購入に数千円〜数万円かかるのがデメリットです。

ハードウェアウォレットのメリット

・安全性が非常に高い
完全なオフラインで保管するためハッキング等のリスクはありません。

・持ち運びが簡単
USBサイズのものもあるため、持ち運びに適しています。また専用のアプリを使えばどのPCからでも利用できます。

ハードウェアウォレットのデメリット

・値段が高い
大体1万円以上します。従いある程度の金額を投資されている方が使うのがオススメです。

・紛失リスクがある
もちろんハード自体をなくしてしまえば元も子もないので慎重に管理する必要があります。

・マルウェアが仕組まれていないか確認する必要がある
ハードウェアウォレットに不正なプログラムが仕込まれていると、ビットコイン・仮想通貨が流出してしまう可能性があります。
このような危険性からメルカリではハードウェアウォレットの出品を禁止しています。

ハードウェアウォレットのオススメサービス

・LedgerNanoS

Ledger nano s fold medium
USBサイズのハードウェアウォレットです。対応通貨の種類が27種類と多く、送金手数料も安いためオススメです。

LedgerNanoS 販売サイト

・Trezor

TrezorもLedgerNanoSと並び人気のあるハードウェアウォレットです。
操作が直感的で初心者にも向いています。

Trezor 販売サイト

まとめ

・用途によって使い分けが大事。「多額・長期保管用」と「少額・短期保管用」で分ける。
・長期保管目的かつある程度の投資金額の場合はハードウェアウォレットがオススメ。中でもLedgerNanoSは人気も高い。
・短期で取引する分はモバイルウォレットが便利。マルチシグで安全性が高く日本語対応しているCopayがオススメ。

関連記事

ビットフライヤー(bitFlyer)のSMS認証のやり方とできない時の対処法を徹...

コインエクスチェンジ(QUOINEX)の登録・口座開設方法をわかりやすく解説!

ビットポイント(BITPoint)の信用取引について徹底解説!

【超初心者向け】DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の登録〜口座開設方法...

リスク(Lisk)とは?仮想通貨・アルトコイン初心者にも分かりやすく特徴を徹底解...

【随時更新】BITPoint(ビットポイント)のキャンペーンについて徹底解説!