ビットコインとは何か?メリット・デメリットを超初心者でも分かるように徹底解説!

最近何かと話題のビットコイン。価格が大きく上がり、1億円以上の利益を出す「億り人」が話題になったかと思えば、コインチェック(coincheck)のNEM流出事件のようなニュースもあったりと、良くも悪くも毎日ニュースになっています。
本日は「そもビットコインとは??」「どんなメリット・デメリットがあるの?」といった疑問を持っているみなさまの為に、初心者にもわかりやすいよう徹底的に解説していきます。

ビットコインとはなにか?

ビットコインとは「仮想通貨」の一種です。通貨なので円やドルと同様に通貨として利用できます。
ビットコイン・仮想通貨には以下のような特徴があります。

紙のような実物がない

仮想通貨は紙幣やコインなどの実物がなく、インターネット上に電子データとして存在している、文字通り「仮想」の通貨です。実物がないという意味においてはSuicaやPASMOなどの電子マネーと似ていますね。

通貨なので円やドルと交換できる

ただ、仮想通貨は「通貨」なので、円やドルと交換して使えます。一方SuicaやPASMOは、あくまで「紙幣を使わない決済のツール」なので、日本円をチャージして使うだけです。円の置き場を変えているだけで、実際に円と交換しているわけではありません。
ここが、仮想「通貨」と「決済ツール」の大きな違いです。

特定の国に属していない

日本円は日本、米ドルはアメリカというように通貨は国が発行・管理するのが普通です。(このような各国が法律で定めた通貨を法定通貨とよびます。)
対して仮想通貨は通貨を管理する主体が存在しません。

コンピューターのネットワークが管理

じゃあ誰が管理しているのかというと、「コンピュータのネットワーク」を利用して管理されています。
取引の記録は全て分散されてコンピューターネットワーク上に保存され、この記録は誰でも見ることができます。
また誰も取引記録を後から書き換えることはできません。これにより通貨ろとしての価値を担保しているといえます。

暗号を使って管理している

つまりビットコインは、実物のない、国ではなくコンピューターネットワークによって管理された、インターネット上の通貨であるといえます。

ビットコインのメリット

それではなぜこんなに話題になっているのでしょうか。
ここではビットコインのメリットを説明していきます。

ビットコインのメリット①送金手数料が安い

今まで例えば海外に送金しようと思うと、少額でも数千円以上取られてしまいます。
銀行の管理コストや、円を外国の通貨に両替するための手数料が含まれてしまうのでどうしても高額になってしまいます。
一方でビットコインはそもそも円やドルに変えず、ビットコインのまま送金できてしまうため、手数料がほとんどかかりません。1%ほどで送金できてしまうため、非常に便利です。

ビットコインのメリット②送金スピードが速い

また銀行からの海外送金ですと、たいてい1〜3日程度かかりますが、ビットコインならその日のうちに着金します。銀行でなぜこんなに時間がかかるかというと、人間が全てチェックしているからです。
それをコンピューターに置き換えたのでここまでの高速化が可能になりました。

ビットコインのメリット③価格変動が大きいので投資すると大きく儲かる可能性がある

上記のように既存の金融業界を揺るがすような大きくイノベーティブな技術とあって、ビットコインを欲しがる人が急増し、一気に価格が上がりました。
この価格変動を見て、「一発大きく当てたい!」という投機目的の人がビットコインを購入しはじめ、それがまたニュースとなり購入者が増加し、というサイクルの結果、なんと1年で20倍までビットコインの価格が急騰しました。


このように値動きの変動が非常に激しく、またいくらまで上がるかわからないという点から、今後も大きく儲かるかもしれないという期待が膨らんでいます。

ビットコインのデメリット

続いてはデメリットをいくつかみていきます。

ビットコインのデメリット①値動きが大きいため、大きく損する可能性もある

先程値動きが激しいということを書きましたが、大きく儲かる可能性もあれば勿論大きく損する可能性もあります。
ビットコイン・仮想通貨は新しい概念の通貨であり、今後価格がどうなるかは誰にも分からないです。
ただ先程のビットコインの価格推移を見る限り、長期的にはアップトレンドなので、

①まず少額から始める。
②1年単位で長期間保有する。

ことをオススメします。

ビットコインのデメリット②流動性が低い

また現在ではまだビットコインを通貨として使えるお店が少ないです。そのため、どうしても投機目線での購入という事になってしまいますが、最近では少しずつ店舗などでの導入が進んでいるので、今後に期待していきたいですね。

ビットコインのデメリット③悪用される可能性がある

ビットコインは特定の管理者がいないため、匿名性が高く容易に取引を追えない仕組みになっています。
その為、マネーロンダリングや闇社会への送金手段として使われてしまう可能性があります。

ビットコインのデメリット④全て自己責任

通常金融商品には、投資家保護の観点から取引業者に対して自己資本率の維持や信託保全の義務など様々な規制が課せられます。
しかしビットコインは新たな通貨ということもあり規制がまだ十分に進んでおらず、もし取引所とトラブルになった場合は基本的に自分で解決する必要があります。

この解決策としては

①セキュリティの強固な取引所を契約する。
②複数の取引所で分けて管理する。
③自分のウォレットで管理する。

ということが非常に重要になります。

ビットコインとは いくらから始められるのか。

「1ビットコインが○百万円まで値上がりしました!」などとニュースなどで取り上げられている影響か、数百万円単位の金額でないと購入できないと思われている人が結構いますが、実際にはもっと安価に買えます。

■取引所の最低取引単位

ビットフライヤー(bitFlyer) 0.001BTC
ザイフ(Zaif) 0.0001BTC
GMOコイン 0.0001BTC
ビットバンク(bitbank.cc) 0.0001BTC

数千円あれば十分取引可能ですので、「いきなり大金をかけるのはちょっと。。」という人も安心です。初心者のうちは少額から取引を開始してみましょう。

ビットコインの始め方

ビットコインを始めるには、以下の流れで説明します。
①取引所の口座を開設する。
②取引所に入金する。
③ビットコインを購入する。
④ビットコインを保管する。

詳しい流れは以下に書いてありますので御覧ください。
※冒頭は今回の記事の内容と重複しますので「ビットコインを始めよう」から読んでみて下さい。

今日本で一番ホットな話題と言える、ビットコイン。ビットコインの価格が高騰したり、ビットコイン関連のニュースが頻繁に飛び交うようになっています。で...

ビットコインのオススメ取引所

最後にオススメの取引所を記載します!口座開設はどちらも無料で15分ほどで完了します。
どちらも大手の取引所です。

ビットフライヤー(bitFlyer)

・ユーザー数(100万人間近)、取引量、資本金で、国内取引所3年連続No.1。
・大手金融機関が出資し、安心・安全で初心者におすすめ。
・ビットフライヤー経由で、ビットコイン決済できる店が増加中。
・補償制度を国内初実施。

bitFlyer(ビットフライヤー) 公式サイト

ビットフライヤー(bitFlyer)の登録方法はこちら。

ビットコインを購入するには、コインチェック(coincheck)やビットフライヤー(bitFlyer)などの販売所に登録すると非常に便利です...

ザイフ(Zaif)

・ビットコインなどの取引手数料がなんとマイナスなので、取引するだけでビットコインがもらえる。
・「Zaifコイン積立」で取引の手間をかけずに低リスクな運用ができる、初心者向けのサービスがある。

ザイフ(Zaif) 公式サイト

ザイフ(Zaif)の登録方法はこちら。

今回は仮想通貨取引所のザイフ(Zaif)の始め方(登録〜口座開設方法)を画像を使いながら解説していきます。 初心者の方も簡単に登録できるように...

まとめ

毎日話題になっているビットコイン。個人的にも非常に大きな可能性を感じています。
これを機会にまず少額から初めてみてはいかがでしょうか?

関連記事

ザイフ(Zaif)にログインする方法・やり方を解説!パスワード忘れた・ログインで...

ザイフ(Zaif)のパスワードを忘れた?!パスワード再設定方法・再設定できない時...

ビットポイント(BITPoint)の二段階認証登録、やり方解説!通らない時は?機...

GMOコインの登録方法・口座開設をわかりやすく解説!

【超初心者向け】ビットポイント(BITPoint)の売買を徹底解説!手数料やアプ...

イーサリアムとは?超初心者にもわかりやすく解説!