DMM Bitcoinの評判・メリット・デメリットを超初心者向けに徹底解説!

英会話やFX証券、海外サッカーチームの買収など様々なビジネスを展開しているDMM。
そんなDMMがついに仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」を開始しました。
「DMM Bitcoinが仮想通貨?ぶっちゃけどうなんだろ?」「興味あるけど評判が気になる。」
という読者からの声にお答えしまして、今回はDMM Bitcoinの評判・口コミをメリット・デメリットに分けて、初心者にも分かるように徹底的に分析していきます。

DMM Bitcoinの概要

【運営会社概要】
会社名:株式会社DMM Bitcoin
本社所在地:〒103-6010 東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
設立日:平成28年11月
資本金:12億9000万円
代表者:代表取締役 田口 仁

DMM Bitcoin 公式サイト

DMM BitcoinはWeb系大手のDMMが2018年1月より開始した仮想通貨販売所です。元々「株式会社東京ビットコイン取引所」という社名でしたが、取引所の正式オープン前に社名変更しました。様々な事業を手がけるDMMですが、実は金融事業が強くFX事業で有名な「DMM.com証券」を保有していたり、最近では買取アプリの「CASH」を買収したりと金融領域に非常に力を入れています。

DMM Bitcoinのメリット

そんなDMMの仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」のメリットを見ていきましょう。

DMM Bitcoinのメリット①アルトコインでレバレッジ取引ができる(最大5倍)

DMM Bitcoin最大の特徴はアルトコインのレバレッジ取引ができることです。
レバレッジ取引とは保有している金額を証拠金(担保)として、その金額以上の取引ができるような仕組みです。
例えばレバレッジが5倍ならば、100万円を証拠金とした場合最大500万円分まで取引できます。
今までビットコインでのレバレッジ取引はコインチェック(coincheck)を始めとして複数の取引所で実施されていましたが、アルトコインでは国内初となります。
レバレッジ取引をおこなえるアルトコインは以下です。

  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • リップル
  • ネム
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ

DMM Bitcoinのメリット②追加証拠金(追証)制度がない

レバレッジ取引をするには担保となる証拠金が必要になりますが、例えば取引をおこなって購入しているアルトコインが下がり、証拠金が減ってしまうと追加で証拠金を振り込むよう求められます。
これが追加証拠金(追証)です。これにより、価格が下がっているときに取引を継続するために追加で入金し、結果、損が拡大してしまう可能性があります。
DMM Bitcoinはこの追加証拠金がないため、元々の証拠金以上にマイナスがでづらい仕組みとなっています。
※急な価格変動がおき、ロスカットが間に合わない場合、証拠金以上の損失が生まれる可能性もあります。

DMM Bitcoinのメリット③アルトコインのショート(売り)取引も可能

通常のビットコイン・アルトコイン取引では、ロング、つまり「通貨の価値が安いときに買って、高くなったら売る」しかできません。これに対しDMM Bitcoinではショートポジションつまり「通貨の価値が高いときに売って、安いときに買い戻す」ということができるようになりました。これにより取引のパターンが増えて、多彩な戦略を取ることができます。

DMM Bitcoinのメリット③アプリが使いやすい

Webサービスをたくさん出しているDMMなので、アプリも使いやすいです。
実際の画面を見てみましょう。

■注文画面

■レート

■チャート

■マーケット

このようにデザインがシンプルで見やすいのが特徴です。
個人的には経済指標が一覧で見られるのは便利だと感じました。

DMM Bitcoinのメリット④各種手数料(レバレッジ取引以外)が無料

DMM Bitcoinは取引の手数料が無料です。
手数料無料を謳うサービスは多いですが、多くはビットコイン取引のみで、アルトコイン取引には手数料が発生します。一方DMM Bitcoinではアルトコインの手数料もかかりません。
※レバレッジのみ手数料0.04%がかかります。
また、日本円の出金手数料が無料なのも重要なポイントです。
頻繁に出金される方にはメリットが大きいですね。

DMM Bitcoinのメリット⑤口座開設で1,000円もらえるキャンペーン実施中!

現在DMM Bitcoinでは1,000円キャッシュバックキャンペーンをおこなっています。
口座開設申込後、30日以内に口座開設を完了された方全員に、もれなく1,000円もらえちゃいます!
キャンペーン期間は2018年1月11日(木)~2018年3月31日(土)までなので口座開設を検討している方は是非利用してみて下さい。

DMM Bitcoinのメリット⑥サポートが土日も含めて24時間対応&LINEでの問い合わせにも対応

何か問題が発生した際、土日に対応してもらえないと不安な週末を過ごすことになりますが、
DMM Bitcoinでは365日・24時間サポートをしているので、もしトラブルにあってもすぐ対応してくれる安心感があります。
またLINEでも問い合わせ対応が可能です。気軽に問い合わせができ、利便性が高いですね。

DMM Bitcoinのメリット⑦運営会社が金融事業に強く安心感がある

DMMは上述の通り金融事業も複数手がけています。特にDMM.com証券は、日本でFX口座数第1位であり、日本でも有数の規模になっています。コインチェック(coincheck)の事件などでセキュリティが心配される中で、これだけ巨大なトレーディングシステムを運営できる能力があるのは他社と比較しても大きな強みと言えます。

DMM Bitcoinのデメリット

続いてDMM Bitcoinのデメリットを見ていきましょう。

DMM Bitcoinのデメリット①レバレッジが5倍まで

DMM Bitcoinのレバレッジ取引は最大で5倍となっています。海外の取引所等と比較すると、もっと高倍率のレバレッジがかけられる所もあり、若干見劣りする印象です。
ただ、レバレッジが大きければ大きいほど、損した時の金額も大きくなってしまうため、特に初心者のうちはあまり高い倍率でレバレッジをかけるのはオススメできません。
最初は低いレバレッジで試すのが王道です。

DMM Bitcoinのデメリット②ロスカットが早い

DMM Bitcoinでは先程追加保証金が発生しないと記載しましたが、そのかわりに、ロスカットのタイミングが早くなっていることがデメリットとして挙げられます。
ロスカットとは、含み損が大きくなりすぎた場合に自動的に行われる強制決済のことをいいます。
レバレッジをかけると大きな利益を出す可能性もありますが、損失も大きくなる可能性もあり、証拠金が全額なくなる、もしくは不足金が発生してしまう可能性すらあります。これを未然に防ぐ仕組みがロスカットとなります。
DMM Bitcoinの場合、担保としている証拠金が80%を下回るとロスカットされる仕組みとなっています。
他の取引所を見ると、50%以下はコインチェック(coincheck)、ビットフライヤー(bitFlyer)、ザイフ(Zaif)は30%以下となっており、DMM Bitcoinは比較的ロスカットが早いということができます。
ただ、これも損失の拡大を防ぐ仕組みなので一概に悪いとは言えません。追加保証金が発生しない代わりにユーザーのリスクを減らそうとしている取組でもあります。

DMM Bitcoinのデメリット③レバレッジ取引の場合損失が大きくなる可能性がある

これは、レバレッジ取引のメリットでもありデメリットでもあるのですが、何倍ものレバレッジをかけられる分、損失が大きくなる可能性もあり、特に価格変動の大きいアルトコインを扱う場合は注意が必要です。

DMM Bitcoinのデメリット④現物取引ができるのは2種類(ビットコインとイーサリアム)のみ

DMM Bitcoinで現在取り扱っている仮想通貨の中でビットコインとイーサリアムの2種のみが現物取引可能となっています。その他のアルトコイン(リップル、ネム、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシック、ライトコイン)はレバレッジ取引のみ可能です。
5種類のアルトコインに関しては送金等に利用することはできません。
以下現物取引が可能な通貨のペアを記載します。
現物取引が可能な通貨ペア】

  1. ビットコイン/日本円
  2. イーサリアム/日本円
  3. イーサリアム/ビットコイン

DMM Bitcoinのデメリット⑤販売所なのでスプレッドがかかる

先程DMM Bitcoinの手数料がレバレッジ取引を除いて無料だとお伝えしましたが、DMM Bitcoinは取引所ではなく販売所のため、スプレッド(取引所が設定した売買の取引価格と実際のマーケットの差)が実質の手数料として徴収されます。
取引所と比較すると販売所は一般的に手数料が高くなりがちと言われています。スプレッドは相場によって変動するので都度確認するようにしてください。

販売所と取引所の違いは以下のリンクを参考にしてみて下さい。

最近ビットコインや仮想通貨投資を始めるために取引所を開設した人から、 「仮想通貨取引所でよく聞く、販売所と取引所って何が違うの?」「どっちがお...

DMM Bitcoinの評判・口コミ

最後にネット上の評判や口コミを見てみてましょう。

DMM Bitcoinの評判・口コミ①アルトコインのレバレッジ取引ができるのが便利


DMM、アルトコインにレバレッジかけられるの強いな。


DMM、とりあえずリップルのレバレッジやりたいから登録するわ。

アルトコインのレバレッジ取引が国内で唯一できるのがDMM Bitcoinなので、レバレッジ取引したい人には便利ですね。

DMM Bitcoinの評判・口コミ②アプリが使いやすい


DMMのアプリ、チャートが見やすくで使いやすいなー


DMM Bitcoinのアプリが見やすくて使いやすい!

アプリが使いやすいという評判もいくつか見られました。
取引を開始するとなんだかんだ毎日アプリを使うことになるので、アプリの使いやすさは重要ですね。

DMM Bitcoinの評判・口コミ③スプレッドが高い


DMMビットコイン、スプレッドが高いのは気になるな。。

デメリットのところでも触れたように、DMM Bitcoinは販売所での取引なのでスプレッド(実質の手数料)が高く感じる場合もあります。
手数料が気になる方は、ザイフ(Zaif)と併用すると良いかもしれません。
以下のリンクも参考にしてみて下さい。

取り扱ってる通貨が多いことから利用者が増えているザイフ(Zaif)。 最近ではホリエモンこと堀江貴文さんがアドバイザーを務めることでもニュース...

DMM Bitcoinの評判・口コミ④アルトコインの現物取引ができない


レバレッジ取引しかないのは怖いな。。リップルとかめっちゃ値動きするし。

アルトコインは価格変動が大きいため、レバレッジ取引よりも現物取引したいという声も見られました。

DMM Bitcoinの評判・メリット・デメリットまとめ

・アルトコインのレバレッジ取引ができる。
・アプリが使いやすい。
・金融事業に強みのある大手が運営していて安心感あり。
・現物取引は種類が少ない。
・スプレッド(手数料)が高くなりがち。

DMM Bitcoinのメリット・デメリット・評判を見ていきました。
やはりアルトコインのレバレッジ取引ができるのは国内でDMM Bitcoinのみなのは大きいですね。
また国内有数のFX事業を既に運営しているので、安心感があります。オススメの使い方としては、ザイフ(Zaif)などの手数料の安い取引所をメインにして、アルトコインのレバレッジ取引の際に使うのがバランスが取れていると思います。
またコインチェック(coincheck)の事件もあり、セキュリティの観点から複数の取引所に分けて取引をすることをオススメしているので、これを機会にぜひ登録してみてください。

まだ口座をお持ちでない方は以下のリンクから15分程度で簡単に登録できますので是非登録してみて下さい。

DMM Bitcoin 公式サイト

登録方法はこちらから:

最近話題の仮想通貨業界には様々な企業が参入していますが、その中でDMMが仮想通貨取引所を新たにオープンしました! 今回はDMM Bitcoin...

関連記事

Augur(オーガー/REP)とは?お得な買い方を徹底解説!特徴や今後の将来性も...

GMOコインのFacebook登録をすすめない理由!簡単な登録には落とし穴が?!

ザイフ(Zaif)のSMS認証が届かない・来ない時の対処法を徹底解説!

リスク(Lisk)とは?仮想通貨・アルトコイン初心者にも分かりやすく特徴を徹底解...

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)のキャンペーンを徹底解説!

バイナンス(Binance)の評判・評価・口コミ・メリット・デメリットを超初心者...