DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の手数料(販売所・取引所・出金・入金・送金)を徹底解説!

今回はDMMビットコイン(DMM Bitcoin)の手数料を徹底解説したいと思います。
仮想通貨の手数料って、複雑でわかりづらいイメージがあると思います。
そこで、初心者でも理解できるよう、用途に応じて手数料を分類して説明していきます。既にDMMビットコイン(DMM Bitcoin)に登録する人もこれから登録する人もぜひ参考にしてください。

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の概要

【運営会社概要】
会社名:株式会社DMM Bitcoin
本社所在地:〒103-6010 東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
設立日:平成28年11月
資本金:12億9000万円
代表者:代表取締役 田口 仁

DMM Bitcoin 公式サイト

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)は後ほど説明しますが多くの手数料が無料のため、初心者にもオススメです!

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)手数料一覧

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の手数料は4つに分けることができます。

①現物取引手数料
②入出金手数料
③送金手数料
④レバレッジ取引手数料

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)現物取引手数料

現物取引とはレバレッジ等をかけない、通常の取引パターンです。
現物手数料には2種類の手数料がかかります。

取引手数料

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の取引手数料は無料です。
以下国内の主な取引所との取引手数料比較です。

国内主な取引所 ビットコイン アルトコイン
DMMビットコイン(DMM Bitcoin) 無料 無料
GMOビットコイン 無料 無料
ビットフライヤー(bitFlyer) 0.01%~0.15% 0.20%
ザイフ(Zaif) -0.01~0.05 0~0.3%

ザイフ(Zaif)のマイナス手数料には遅れを取りますが、無料というのは素晴らしいですね!しかし後述するスプレッドを実質的な手数料として負担する必要があります。

スプレッド

スプレッドとは購入金額と売却金額の差額のことです。
販売所では売る価格と買う価格を分けています。

イメージがしづらいと思うので、リサイクルショップを具体例にして説明します。
リサイクルショップでは商品の買取価格と実際の販売価格が異なります。
例えば販売価格1枚1,000円のTシャツは買取価格では300円程度だったりします。
(あくまで一例ですので金額は仮で記載しています。)
この場合の販売価格と買取価格の差700円がスプレッドとなります。

スプレッドは通貨ごとに変化し、また通貨の変動とともに価格も変化します。

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)入出金手数料

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の入出金の主な手数料は以下の3つです。

①入金手数料
②出金手数料
③仮想通貨入金手数料

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)では上記3つの手数料は無料です。
他の主な国内取引所での日本円の入出金との比較を以下記載します。

取引所 入金 出金 仮想通貨入金
DMMビットコイン
(DMM Bitcoin)
無料 無料 無料
GMOビットコイン 無料 無料 無料
ビットフライヤー(bitFlyer) 銀行振込
各金融機関の振込手数料
クイック入金
324円/件
日本円の銀行振込
三井住友銀行の場合
3万円未満の出金 216円
3万円以上の出金 432円
三井住友銀行以外の場合
3万円未満の出金 540円
3万円以上の出金 756円
0.08BTC
ザイフ(Zaif) 銀行振込
各金融機関の振込手数料
コンビニ入金
3万円未満の入金 486円
3万円以上の入金 594円
Pay-easy入金
3万円未満の入金 486円
3万円以上の入金 594円
日本円の銀行振込
50万円未満の出金 350円
50万円以上の出金 756円
無料

 

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)送金手数料

送金手数料は仮想通貨をDMMビットコイン(DMM Bitcoin)から他のウォレットやアドレスに送金する際にかかる手数料です。
DMMビットコイン(DMM Bitcoin)では送金手数料はかかりません。

レバレッジ取引手数料

レバレッジ取引の際に発生する手数料はスワップ手数料と呼ばれます。

レバレッジ取引:
預けたお金を証拠金として、預けたお金を指定倍率までかけ合わせた金額でおこなえる取引のことです。例えばレバレッジ5倍で100万円を証拠金として預けた場合、最大500万円まで取引できる。この場合、例えば500万円を取引して20%値上がりすれば+100万円の利益が出る一方20%マイナスになった場合は100万円の損失が出るため、ハイリスク・ハイリターンの取引手法と言えます。

この手数料は以下のとおりです。他社との比較も確認してみて下さい。

取引所 ビットコイン アルトコイン
DMMビットコイン(DMM Bitcoin) 0.04%/日ごと 0.04%/日ごと
GMOビットコイン 0.05%/日ごと
ビットフライヤー(bitFlyer) 無料
ザイフ(Zaif) 無料

まとめ

以上でDMMビットコイン(DMM Bitcoin)の各種手数料の説明は終わりです。
DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の手数料は他のサービスと比べて無料のものが多く、非常にコスパのよいサービスであるといえます!
登録がまだでしたら、無料・15分で口座開設できるのでぜひこの機会に登録してみてはいかがでしょうか??

DMM Bitcoin 公式サイト

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の評判やメリット・デメリットなどをまとめた記事も参考にしてみて下さい。

英会話やFX証券、海外サッカーチームの買収など様々なビジネスを展開しているDMM。 そんなDMMがついに仮想通貨取引所「DMM Bitcoin...

関連記事

【超初心者向け】ザイフ(Zaif)の登録〜口座開設の方法をどこよりもわかりやすく...

【超初心者向け】コインチェック(coincheck)の送金方法・送金手数料・キャ...

ビットフライヤー(bitFlyer)での売買方法・やり方を徹底解説!

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)からのメールが届かない時の対処法!メ...

ビットフライヤー(bitFlyer)でのビットコイン・仮想通貨送金方法を解説!手...

bitFlyer(ビットフライヤー)からのメールが届かない…!メール通知設定の手...